SCの定義

ショッピングセンター(SC)の定義

ショッピングセンターとは、一つの単位として計画、開発、所有、管理運営される商業・サービ ス施設の集合体 で、駐車場を備えるものをいう。その立地、規模、構成に応じて、選択の多様性、利便性、快適性、娯楽性等を提供するなど、生活者ニーズに応えるコミュニ ティ施設として都市機能の一翼を担うものである。

SC取扱い基準
<改定>
SCは、ディベロッパーにより計画、開発されるものであり、次の条件を備えることを必要とする。

  1. 小売業の店舗面積は、1,500㎡ 以上であること。
  2. キーテナントを除くテナントが10店舗以上含まれていること。
  3. キーテナントがある場合、その面積がショッピングセンター面積の80%程度を超えないこと。
    但し、その他テナントのうち小売業の店舗面積が1,500㎡以上である場合には、この限りではない。
  4. テナント会(商店会)等があり、広告宣伝、共同催事等の共同活動を行っていること。
<参考(旧取扱い基準)>
SCは、ディベロッパーにより計画、開発されるものであり、次の条件を備えることを必要とする。

1. 小売業の店舗面積は、1,500㎡以上であること。
2. キーテナントを除くテナントのうち、小売店舗が10店舗以上含まれていること。
3. キーテナントがある場合、その面積がショッピングセンター面積の80%程度を超えないこと。
但し、その他テナントのうち小売業の店舗面積が1,500㎡以上である場合には、この限りではない。
4. テナント会(商店会)があり、広告宣伝、共同催事等の共同活動を行っていること。

SC立地区分

<改定> ※平成28年1月1日にSC立地区分を改定しました。

中心地域:
人口15万人以上の都市(東京23区を含む162都市)で、商業機能が集積した中心市街地

周辺地域:
上記中心地域以外の全ての地域

<新SC立地区分の考え方>

  1. 立地区分を、中心地域と周辺地域の2区分とした。
  2. 全国の市町村1,718(市790、町745、村183・平成26年4月現在)の内、人口15万人以上の都市162(東京23区を含む)に中心地域を設定した。
  3. 中心地域を定める指標は、年1回実施される公示地価を基礎とした(補正値として路線価を活用)。公示地価のもっとも高い地域を中心地域としたが、併せて当該都市商業構造、地域特性を加味し総合的に判断した。
  4. 中心地域は、1都市1地域を原則とした。但し大都市(東京23区、大阪市、名古屋市など)では、複数地域を中心地域とした。
  5. 新SC立地区分への変更は平成28年1月1日とした。
<参考(旧SC立地区分)>

中心地域:
当該市・町・村の商業機能が集積した中心市街地

周辺地域:
中心地域に隣接した商業・行政・ビジネス等の都市機能が適度に存在する地域

郊外地域:
都市郊外で住宅地・農地等が展開されている地域

用語の説明

<SC面積>
共用通路を含み、SC内の物品販売業、飲食業、サービス業等すべての売場に供している面積をいい、同一敷地内にあってSC来店客が利用可能な公共性の強い諸施設の面積も含む。但し、ホテル・駐車場・バックヤードは含まない。
<店舗面積>
SC内の物品販売業、飲食業、サービス業それぞれの店舗区画の面積をいい、店舗間の通路を 除いた面積。
<ディベロッパー>
当該SCにかかる「所有」「開発」「管理」のうち、主として「開発」を担当するものを表示。
<テナント>
原則としてディベロッパーとの間に賃貸借契約を結んでいるもの(店舗)をいう。その他に、区分所有店舗、組合店舗、ディベロッパー直営店舗、委託店舗(消化仕入れ及び売上仕入れ店舗)等も便宜上テナントとして扱った。
<キーテナント及び業態:キーテナント>
当該SCの商圏・客層を決定する大きな影響力を持つ大型小売店舗であり、業態は次のように分類し、略称を採用した。
Dpt
デパートメントストア=百貨店
GMS
ゼネラルマーチャンダイズドストアーズ=総合スーパー
SS
スーパーストア=衣料品中心の大型スーパー
SM
スーパーマーケット=食料品中心の大型スーパー
HC
ホームセンター=住関連商品を扱う大型店
DS
ディスカウントストア=大衆商品を低価格で提供する大型店
Dgs
ドラッグストア=医薬品を中心に日用雑貨を扱う大型店
専門店
単品種、同一用途品を扱う大型小売店
生協
生活協同組合

会員ページはこちら

新着情報

入会のご案内

SC JAPAN TODAY

2017.1-2月号表紙ol

[1・2月合併号]