販売統計

全国のSCから立地別・SC規模別に1,000SCをサンプル抽出し調査したものです。 立地別・地域別・構成別売上高等の幅広い分析から都市規模別の詳細な分析まで、すべてを掲載しています。SC業界の成長を判断する指標のひとつとして大変参考になる統計データです。

SC販売統計調査報告2019年02月

既存SC前年同月比  : +0.9%
春物衣料が牽引し前年を上回る

SC販売統計調査報告2019年01月

既存SC前年同月比  : ▲0.6%
年始セールの苦戦が響き前年割れ

【速報】SC販売統計調査報告 2018年年間

既存SC前年対比   : +0.6%
(速報値)SC年間総売上高(推計) :32兆6,344億円(前年対比+1.9% 全SCベース)

SC販売統計調査報告 2018-19年 年末年始販売統計調査報告

2018-2019年末年始(12月28日~1月3日)のSC売上高は前年比で+0.2%と前年並みとなった。1日当りレジ客数(以下、レジ客数)は同▲0.3%、客単価は同+0.5%となり概ね前年並みとなった。レジ客数、客単価ともに堅調だった年末(12/28~12/31)の売上高は同+2.5%と前年比プラスとなった。一方、年始はレジ客数が前年を下回り売上高は同▲2.1%となり、明暗が分かれた。

SC販売統計調査報告2018年12月

既存SC前年同月比  : +1.4%
キーテナントは苦戦続くもテナントが全国的に好調で3ヶ月ぶりプラス

SC販売統計調査報告2018年11月

既存SC前年同月比  : ▲0.5%
地方とキーテナントの苦戦が響き2ヶ月連続でマイナス

SC販売統計調査報告2018年10月

既存SC前年同月比  : ▲1.0%
休日日数減、高温による秋冬物不振などにより3ヶ月ぶりマイナス

SC販売統計調査報告2018年09月

既存SC前年同月比  : +1.5%
自然災害の影響がみられたが、休日日数増などによりプラスを維持

SC販売統計調査報告2018年08月

既存SC前年同月比  : +0.9%
夏休みのイベント効果や観光客増により堅調に推移

SC販売統計調査報告 2018年夏期セールの販売動向

2018年夏期セール結果は、昨年対比で
 1日当り平均売上高   ・・・ ▲0.5%
 1日当り平均レジ客数  ・・・ ▲1.7%
 1回当り客単価     ・・・ +1.2%
となった。

会員ページはこちら

新着情報

インバウンド対策

入会のご案内