SC接客マイスター

SC接客マイスター検定試験

【お知らせ】

    • SC接客マイスター試験お申し込みについて
      SC接客マイスター試験のお申し込みは、SC接客ロールプレイングコンテストとの
      併願申請となります。
      お申込はこちらから
  • 2016年5月19日、第44回定期総会懇親パーティにおいて、第21回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会大賞・SC接客日本一及び経済産業大臣賞受賞のSC接客マイスター、「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 ザ・ノース・フェイス」竹原篤史氏のスピーチが行われました。
    スピーチの内容はこちら
  • 過去の全国大会出場者の皆様へ ~SC接客マイスター1級認定について~
    詳しくはこちら

SC接客マイスターとは

SC接客マイスターは、SC業界で働くテナントスタッフのステータスの向上を目的に、一般社団法人日本ショッピングセンター協会が認定する資格制度で、2015年度に創設されました。
SC接客マイスターになるためには、当協会が実施するSC接客ロールプレイングコンテスト支部大会に出場し、実技試験を受けることが基本になります。

パンフレット

meister_pamph

受験資格

支部大会の場合は、全国のSCに出店している物販、飲食、サービス等すべての業種のテナント従業員(パート・アルバイト、会員外も可)です。所属企業が当協会の会員企業のみならず、会員でない企業も受験できます。

【参考】SCとは、「一つの単位として計画、開発、所有、管理運営される商業・サービス施設の集合体で、駐車場 を備えるものをいう。その立地、規模、構成に応じて、選択の多様性、利便性、快適性、娯楽性等を提供するなど、生活者ニーズに応えるコミュニティ施設とし て都市機能の一翼を担うもの」をいいます。
SC=ショッピングセンター

〈SC取扱い基準〉
SCは、ディベロッパーにより計画、開発されるものであり、次の条件を備えることを必要とする。

  1. 小売業の店舗面積は、1,500m2以上であること。
  2. キーテナントを除くテナントが10店舗以上含まれていること。
  3. キーテナントがある場合、その面積がショッピングセンター面積の80%程度を超えないこと。但し、その他テナントのうち小売業の店舗面積が1,500m2以上である場合には、この限りではない。
  4. テナント会(商店会)等があり、広告宣伝、共同催事等の共同活動を行っていること。

試験の内容

実技試験と筆記試験の二つから構成されています。実技試験の結果が判明した後に筆記試験を実施します。

実技試験:
SC接客ロールプレイングコンテスト支部大会に出場して、ロールプレイングを行うことが実技試験になります。
競技時間内で、お客さま役の俳優を相手に、お迎えからお見送りまで接客のロールプレイングを行います。物販の方はお店の商品を、飲食の方はメニュー・ 食器類、サービス関連の方はカタログ・パンフレット等を使用して試験を行います。

筆記試験:
演習問題・小論文のWeb試験

免除科目

実技試験で1級相当の方は、後日実施の筆記試験が免除になります。

開催時期

この資格制度の概要について、SCのディベロッパー各社、テナント各社及び販売の最前線で 活躍する従業員各位に理解していただくべく、2015年度は告知に専念し、資格受験の事前募集はいたしません。資格受験の募集は翌2016年度からになり ます。翌2017年度からは、各館ごと等のロールプレイング大会における資格取得を予定しております。

2015年度 ・キックオフ年 ・資格受験の事前募集はしません。
・ただし、初年度特例として、事前エントリーをしなくとも、支部大会出場者全員の実技試験の審査を実施し、出場者に実技試験の合否について報告します。
・そのうちの希望者には、初年度特例として翌年度筆記試験を受けていただき、資格認定します。※1)
・全国大会出場者は、支部大会で全国大会出場が決まった時点で1級に認定します。※2)
2016年度 ・支部大会にリンクした資格制度スタート ・資格受験の募集を開始。
2017年度 ・SC協会認定各館ごとのロープレ大会にリンクした資格制度スタート ・3級のみの認定。

※1)翌年度、1名あたり受験料5,400円(税込)及び認定料5,400円(税込)。
2)当該年度、認定料5,400円(税込)。

SC接客マイスター概要一覧

名称 SC接客マイスター検定試験
目的 SC業界で働くテナントスタッフのステータスの向上
定評あるCSを通したSC業界の認知度向上
採用、昇進等の際の業界共通の評価軸の一つを目指す
受験資格 全国のSCに出店している物販、飲食、サービス等すべての業種のテナント従業員(パート・アルバイト、会員外も可)
受験方法 実技試験と筆記試験の二つから構成されています。
実技試験の結果が判明した後に筆記試験を実施します。
実技
試験
SC接客ロールプレイングコンテスト支部大会(1級、2級、3級)
SC協会認定各館ごと等のロープレ大会(3級のみ実施)※1
筆記
試験
演習問題・小論文のWeb試験(1級は免除)※2
レベル 1級 全国大会代表出場者及びそれに匹敵する人。
接客を通して、お客様に満足と感動を与え、加えて模範となる接客ができる人。
具体的には、ロールプレイングコンテスト支部大会において、専門審査員2名の得点合計が満点に対し80%以上
2級 接客を通して、お客様に満足を与え、専門性の高い接客ができる人。
具体的には、
ロールプレイングコンテスト支部大会において、専門審査員2名の得点合計が満点に対し75%以上80%未満
3級 接客の基本ができている人。
接客を通して、自店だけでなく、周辺の情報提供もできる人。
具体的には、
ロールプレイングコンテスト支部大会において、専門審査員2名の得点合計が60%以上75%未満
推薦図書 SCテナントスタッフハンドブック(「テナント必携ハンドブック」改訂版)
ロープレDVD(教育研修用、競技記録)
受験料 受験料5,400円(税込)、認定料5,400円(税込)
認定 認定証、バッジ
備考 【過去の出場者への対応について】
過去の全国大会出場者は、申請をすれば1級を認定する。認定料は5,400円(税込)。
【支部大会とSC協会認定各館ごとのロープレ大会との関係性】
SC協会認定各館ごとのロープレ大会で3級に合格した人が、ロープレ支部大会で1級・2級に合格した場合は、1級・2級を認定する。【年度をまたいだ昇級について】
2015年に3級に合格し筆記試験に申込んだ人が、翌年度ロープレ支部大会で1級・2級の基準をクリアした場合は、事前に申込みをしていなくても5,400円(税込)の認定料で1級・2級を認定する。
  • ※1
    1. 各SC等で実施している接客ロールプレイングコンテストを当協会認定コンテストとし、審査員を派遣し実施する。
      ただし、実施は支部大会での実技試験本格開始の翌年度を予定する。
      なお、SCに該当しないディベロッパー企業やテナント企業単体で開催する場合は、当該企業が会員企業であり、競技方法等一定の条件を満たせば、認定大会として承認する。
    2. 3級試験のみ実施し、専門審査員2名の得点合計が満点に対し60%以上を合格とする。
    3. 上級を目指す場合は、当面、当協会主催のSC接客ロールプレイングコンテスト支部大会出場を必須とする。
    4. 協会認定の専門審査員2名が審査を担う。
    5. 協会認定の専門審査員とは、下記の要件を満たす人とする。
      • a) 該当するSCの支部大会の専門審査員経験者
      • b) 該当するSCのテナント教育関連に、該当する年度には関与していない者
      • c) 協会による、認定専門審査員研修を受講している者
  • ※2
    1. 「SCとは何か」、「接客マナー」、「顧客満足(CS)に関する知識」等の基本的な問題とする。
    2. 全業種共通問題とする。

試験申込から合格・登録までの流れ

ロールプレインコンテスト支部大会に出場者される方全員に実技試験の審査を行います。

過去の全国大会出場者の1級認定について

過去(第1回~第20回大会)にSC接客ロールプレイングコンテスト全国大会に出場された方は、申請を頂ければ1級を認定いたしますので、ご希望の方は以下の1.~4.の必要事項をご記入の上、申請先のアドレスにお送りください。
※認定料5,400円(本体価格5,000円、税額400円)

  • 申請先
    roleplaying
  • 必要事項
    1. ご自身の出場した大会名(第○回大会)
    2. ご自身のSC名(当時および現在)・店名・お名前・メールアドレス・電話番号
    3. 請求書・認定証・認定バッジの送付先(郵便番号、住所、宛名)
    4. 請求書の宛名

お申込みいただいた後、認定料の請求書をお送りいたします。
入金の確認が取れ次第、SC接客マイスター1級の認定証および認定バッジをお送りいたします。

SC接客ロールプレイングコンテスト

※本件に関するお問い合わせ

一般社団法人日本ショッピングセンター協会 ロールプレイング部
〒112-0004
東京都文京区後楽1丁目4番14号 後楽森ビル15階
TEL.03-5615-8527(直通)
FAX.03-5615-8539
お問い合わせフォーム

会員ページはこちら

新着情報

入会のご案内

SC JAPAN TODAY

2017.1-2月号表紙ol

[1・2月合併号]