販売統計

SC販売統計調査報告 2018年03月 /(確報)2017年SC年間総売上高(全SCベース・推計)

【2018年3月】

既存SC前年同月比  : +2.2%
気温上昇が春物を後押し。2ヶ月連続で前年を上回る

【SC年間総売上高】(確報)

32兆355億円(前年比+2.3%)

全表はこちら

全体概況

  • 3月度の既存SC売上高は、総合で前年同月比+2.2%前年を上回った。テナントは同+2.9%、キーテナントは同▲0.7%となった。前年比で土日祝の合計が1日多かったことに加えて、全国的に気温が高かったことも春物商品の売上に繋がった。その他、桜の開花が全国的に平年より早く行楽客の来館が多いSCでは飲食店も好調との声がきかれた。
  • 立地別・構成別の総合では、中心地域の総合は前年同月比+3.1%、周辺地域の総合は同+1.8%で、両者ともに前年を上回った。中心地域・中都市のキーテナントは地方の百貨店の売上が伸び悩みも同▲4.2%と苦戦したものの、中心地域・大都市はテナント同+4.0%、キーテナント同+4.2%と好調だった。
  • 立地別・地域別では、全9地域のうち、7地域で前年を上回った。東北・中心地域は一部SCで昨年リニューアルのため閉店等があった反動もあり当月は同+8.7%となった。前年を下回ったのは北陸(前年同月比▲1.6%)と中心地域はキーテナントの不振が続く四国(同▲1.1%)の2地域であった。
  • 都市規模別では、政令指定都市の総合が前年同月比+3.2%、その他の地域も同+1.5%となり両者ともに前年を上回った。その他の地域のキーテナントは関東以外の地域は前月より回復したものの、全9地域のうち、北海道と九州・沖縄を除く7地域では前年を下回っており、総合でも同▲1.6%となった。

 

会員ページはこちら

新着情報

入会のご案内