販売統計

SC販売統計調査報告 2016-17年 年末年始販売統計調査報告

全表はこちら

全体概要

2016-2017年年末年始SC販売額は前年同期比で102.9%と前年を上回った。また、レジ客数(前年同期比101.0%)、客単価(同102.0%)ともに前年を上回った。

①年末(12/28~31)の売上高は全ての日で前年を上回り、年末トータルで前年比104.7%のプラスとなった。28日はレジ客数が98.6%と期間中で唯一前年を下回ったが、客単価が111%と大きく上回り、売上高の対前年比が期間中で最も大きい109.4%となった。今年は昨年と比較して年末にバーゲンを開始したSCが多かった影響もあり、年末の売上増加につながったとみられる。

②年始(1/1~1/3)の売上高前年比は101.0%と微増となった。1日(売上高前年比99.5%)と2日(同99.7%)の2日間は前年を僅かに下回ったものの、3日は前年比で104.2%となり、年始トータルでプラスとなった。

③客単価平均は、全期間で2,761円となった。年始は福袋の購入などの影響もあり、年末と比較して577円多い3,085円となった。また、客単価の分布をみると、全体の約80%が3,500円以内に収まる一方で、4,000円以上のSCも10.3%と約1割を占めた。

④バーゲン開始日は、1月2日が37.4%と最も多く、2番目に多かった1月1日の24.7%と合わせると、62.1%を占めた。一方で、12月中にバーゲンを開始するSCも24%あった。年始にバーゲンを開始したSCも、年始のバーゲンが年末の買い控えにつながったといった回答がみられ、周辺の商業施設の動向をみながら、いつバーゲンを開始するかの判断に苦慮した様子が見受けられた。

⑤好調業種は、飲食が最も多く、以下、生鮮食品、雑貨と続いた。一方で不振業種として婦人衣料が最も多く、次点の靴・鞄の2倍以上の回答があった。

⑥福袋については、参加店舗・販売個数の減少傾向は今年もみられた。内訳をみると、衣料品の福袋に苦戦した一方で、食品関連・コスメ関連が好調との回答がみられた。

※当協会のSC販売統計調査報告は、政府統計に合わせて消費税を含めて算出しております。

会員ページはこちら

新着情報

入会のご案内