販売統計

2022/07/25 更新 SC販売統計調査報告 2022年6月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+10.6% (参考・2019年同月比 : ▲13.4%)
全国的な感染状況の落ち着きが見られ、前年比二桁増続く

全表はこちら
(参考)2019年同月比・全表はこちら

全体概況

  • 6月度の既存SC売上の前年同月比伸長率は、総合で+10.6%となった。
  • 前年同月は、北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、岡山県、福岡県が20日まで、沖縄県は月を通じて緊急事態宣言下となり、休業や時短営業の影響で売上が大きく落ち込んだ。当年は全国的に新型コロナウイルスの感染状況の落ち着きが見られ、イベントやセールの実施により来館者増で売上を伸ばしたSCが多かった。梅雨明けが早く気温が上昇したことで、衣料や雑貨などの夏物商材を求める動きが活発化した。観光立地のSCでは、前年と比較して修学旅行やシニア層の団体などの観光客の姿が多く見られたという声も聞かれた。2019年6月と比較すると、▲13.4%とコロナ禍前の水準は下回っているものの、前月に引き続き売上が回復傾向にあることが見てとれる。一方で、人出は戻ったが客単価が下がって売上が伸び悩んでいるSCも見られ、これは物価上昇による値上げの影響と思われる。
  • テナントは、前年同月比伸長率+13.6%となった。業種別に見ると、ファッションは梅雨明け後の気温の上昇により夏物衣料の売行きが好調だった一方、中国・上海のロックダウンの影響により、一部の衣料品に在庫不足が引き続き見られた。飲食は行動制限がなく外出需要が高まったことにより、特に昼の時間帯に客数増加が見られた。
  • キーテナントは、前年同月比伸長率+0.3%となった。前年同月は緊急事態宣言・まん延防止等重点措置(以下、宣言等)の発出による生活必需品の買い溜めが多かったが、当年はその特需の影響が薄まった。

[立地別]

  • 中心地域・大都市は総合で前年同月比伸長率+24.0%とプラスとなった。前年同月は仙台市を除く13大都市(東京区部含む)で宣言等が発出され、休業や営業時間短縮の影響が大きかったことから、テナント、キーテナントともに他の立地と比較して伸長率が高かった。
  • 中心地域・中都市は総合で前年同月比伸長率+10.9%、周辺地域は総合で前年同月比伸長率+7.3%となった。感染状況が落ち着き、行動制限がないことから、周辺で開催されたイベント参加客の来館が増加し飲食が好調だった。

[地域別]

  • 月を通じて全都道府県で宣言等が解除され、全9地域で前年を上回った。
  • 北海道は、総合で前年同月比伸長率+39.6%の大幅増となった。前年は5月16日~6月20日まで緊急事態宣言、6月21日以降はまん延防止等重点措置が発出され、売上が落ち込んだが、当年は制限緩和により売上が増加した。
  • 関東は、総合で前年同月比伸長率+8.1%となった。前年同月、月を通 じて宣言等が発出されていた東京区部は千葉県、埼玉県、神奈川県への流出が見られ、本年はその反動もあり前年同月比伸長率+14.8%と二桁台のプラスとなった。
  • 近畿は、総合で前年同月比伸長率+16.5%となった。前年同月、大阪府、京都府、兵庫県は月を通じて宣言等が発出され売上が大きく落ち込んだが、当年は制限緩和により売上が大きく前年を上回った。大阪市は前年、土日が生活必需品売場以外休業だったところ、当年は通常営業に戻ったため、前年同月比伸長率+30.9%となった。

[業種別]

  • ファッションは、中国・上海のロックダウンの影響により一部の衣料品の在庫不足が見られた。梅雨の短さからレインアイテムが苦戦した一方、梅雨明け後の猛暑により夏物が稼働したことで好調だった。
  • 行動制限のないなかで、アミューズメントやシネマ、レンタカーが好調という声が聞かれた。出張客や観光客の増加により、土産品も好調であった。一方、外出機会の増加により、前年は巣ごもり需要で好調だった生鮮食品やドラッグストアの売上が伸び悩んだ。
  • 飲食は、行動制限がないことで人出が増えたことより、外食需要の回復傾向が見られた。ランチタイムは賑わいを見せるものの、生活様式の変化でディナータイムが苦戦しているという声が聞かれた。
  • HataLuck_bnad
  • NECネクサソリューションズ
  • 広告募集
  • 広告募集
ページのトップへ