プレスリリース

SC販売統計調査報告 2019年3月 /(確報)2018年SC年間総売上高(全SCベース・推計)

【2019年3月】

既存SC前年同月比  : +2.2%
好天、曜日まわりに恵まれ2ヶ月連続で前年を上回る

【SC年間総売上高】(確報)

32兆6,595億円(前年比+1.9%・税込)

全表はこちら
プレスリリースはこちら

全体概況

  • 3月度の既存SC売上高は前年同月比+2.2%となり2ヶ月連続で前年を上回った。好天に恵まれ衣料品が堅調だったことに加え、前年に比べて休日が1日多かったこともプラス要因となった。
  • 立地別・構成別をみると、テナントは春物の衣料品が好調だったこともあり全ての立地で前年を上回り総合で同+2.7%、キーテナントは、前月(同▲1.7%)から1.4ポイント改善しほぼ前年並の同▲0.3%となった。
  • 立地別・地域別をみると、全9地域のうち、東北、中国、四国の3地域が前年比マイナス、残りの6地域は前年を上回った。近畿の中心地域は同+5.1%となり前月に引続き好調だった。
  • 都市規模別・地域別をみると総合で大都市は同+2.6%、その他の地域も同+1.8%で両者ともに前年を上回った。北九州市(同9.3%)、川崎市(同+6.1%)はリニューアルや増床により売上を伸ばしたSCが牽引した。一方、広島市は新規で開業したSC等の影響もあり既存店が苦戦し同▲9.0%と前年を大きく下回った。
  • 業種毎の販売動向をみると、飲食を好調と回答したSCが多かった。また、平年よりも暖かい日が続いた月前半を中心に春物の衣料品が堅調に推移したこともあり婦人衣料を好調と回答したSC数がみられた。

 

会員ページはこちら

新着情報

インバウンド対策