プレスリリース

SC販売統計調査報告 2017年8月

既存SC前年同月比  : +1.9%
飲食・サービスに加えて秋物に動きがあり、6ヶ月連続で前年を上回る

全表はこちら

プレスリリースはこちら

全体概況

  • 8月度の既存SCの売上高は、総合で前年同月比+1.9%となり6ヶ月連続で前年を上回った。テナントは同+2.6%(6ヶ月連続プラス)。一方でキーテナントは同▲0.5%(9ヶ月連続でマイナス)となった。
  • 立地別の総合では、中心地域が同+1.8%、周辺地域が同+2.0%となった。大都市中心地域は前月5ヶ月ぶりに前年同月を下回ったが、8月度は同+2.9%(前月は同▲0.4%)と回復した。
  • 地域別では、全9地域のうち、北陸(同▲0.8%)と四国(同▲3.3%)を除く7地域で前年を上回った。
  • 都市規模別では、政令指定都市の総合が同+2.3%、その他の地域も同+1.7%となり両者ともに前年を上回った。
  • 業種毎の販売動向をみると、テナントでは飲食、サービスが好調との回答が多くみられた。一方で不振業種としては先月と比較して減少がみられたものの婦人衣料をあげたSCが最も多かった。キーテナントは、食物販(生鮮食品・加工食品)が好調、衣料品が不振との回答が多くみられた。

トピックス

北日本・東日本では月を通じて曇りや雨の日が多く、気温も平年を下回った。そのため、夏物の商品に苦戦したとの声が聞かれたが、一方で秋物の商品が早目に動き始めたとの声も聞かれた。前年8月は4個の台風が上陸する荒れた天候となったが、今年は月前半に1個上陸と平年並みだった。夏休みやお盆休みの外出先として雨の日でも利用しやすいショッピングセンターにはプラスに作用したと考えられる。

会員ページはこちら

新着情報

入会のご案内