プレスリリース

SC販売統計調査報告2015年7月

既存SC前年同月比   : +1.8%

インバウンド効果で札幌市+4.7%、東京区部+3.8%、大阪市+2.4%、福岡市+5.4%と好調

プレスリリース

全表はこちら

2015夏季セールの販売動向

全体概況

7月は月前半が天候不順であったが、中旬以降は好天の日が多く客足が盛り返した。
また、昨年に比べ夏のバーゲンセールのスタートを7月第1週に遅らせたSCが増えたこと、地方では地域プレミアム券が貢献したこともあり、2ヶ月振りに対前年同月比プラス(+1.8%)となった(5月は同+3.9%、6月は同-1.5%)。
地域別では、中国地方を除く8地域が前年同月比プラスとなった。
都市別では札幌市+4.7%、東京区部+3.8%、大阪市+2.4%、福岡市+5.4%と好調で、この要因として訪日外国人の増加による売上げアップがあげられる。
一方、クルーズ船の寄港回数の減少により売上げが減少したというSCもあり、SCの売上げにおいてもインバウンドが重要な要因となっている。
テナントの対前年同月比伸長率は+2.0%、キーテナントは+1.3%となった。テナントで好調業種は、飲食店、サービスなど物販以外をあげるSCが多くみられた。
キーテナントは前月同様に生鮮食品、加工食品が好調な一方、婦人、紳士アパレルが不調であった。

トピックス

夏のバーゲンセール7月のSC販売統計調査報告と同時に発表した「2015年夏期セールの結果」では売上げで+1.7%、レジ客数、客単価ともに前年を上回った。
とくに客数の伸び(+1.0%)よりも客単価の伸長率が高い(+1.9%)結果となった。
セール開始時期については、6月第4週が全体の50%と依然高い割合を示すものの、今夏の特徴としては7月第1週に設定したSCが増え、昨年の15%から35%に増加した。

会員ページはこちら

新着情報

入会のご案内

SC JAPAN TODAY

SCJT2017.7-8(高解像度)

[7・8月合併号]