セミナー

開催終了

SC危機管理対策セミナー

期日

2020年2月27日(木)

会場

(一社)日本ショッピングセンター協会 会議室
住所:東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル15階
TEL:03-5615-8523(教育研修部)

受講料

会員27,500円 / 会員外38,500円(いずれも税込)
※レジュメ・資料代を含みます。

セミナー申し込みボタン

参加のおすすめ

SCを運営する中では様々なリスクがあります。水害、火災、地震に始り、風評被害、各種事故、さらにはテロ対策などに対する事前の対策、実際に発生した場合の対処とその後の事業継続策などを適切に行なわないとSC存続の危機につながることにもなります。本セミナーでは、各種のリスクの中から、危機管理がもたらすSC経営のへの影響や、自然災害時における危機管理体制づくりなどにスポットを当てて、最新事例を学び、今後のSC危機管理対策に活かせる内容にします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

プログラム

12:30より受付
第1単元(13:00~14:15)

『東日本大震災-あの時「イオンモール石巻」はどう対応したか』

・東日本大震災時でのSCの対応
・営業再開に向けた取り組み
・SCの役割としての地域貢献活動と復興支援活動
・防災体制の再構築と強化

<講 師>
イオンモール株式会社
営業統括部 東北・北海道事業部長
秀方 純 氏

【プロフィール】
1984年3月ジャスコ㈱(現イオンリテール㈱)入社
2004年イオン能代店店長
2006年イオン白河西郷店店長
2009年イオンモール石巻SCモールマネージャー
2011年イオンモール盛岡南ゼネラルマネージャー
2013年 イオンレイクタウンmoriゼネラルマネージャー
2016年 イオンモール岡山ゼネラルマネージャー
2019年東北・北海道事業部事業部長、現在に至る。
※2011年3月 東日本大震災において、イオンモール石巻にて避難者受入れ時の統括など地域貢献・復興支援活動を実施し、また災害医療ACT研究所の会員として活動。

第2単元(14:25~15:40)

『災害時の危機管理体制と事後対応』

・千葉を襲った連続台風と集中豪雨への対応
・対お客さま、対ショップスタッフ、対地域の視点で見るチェックポイント
・メディア対応と風評被害対策
・災害経験の反省を生かした体制づくり

<講 師>
株式会社千葉ステーションビル
千葉支店 副支店長
春川 智 氏 (SC経営士)

【プロフィール】
1996年東日本旅客鉄道㈱入社。同年㈱ルミネに出向し、新宿店、本社、町田店の他、日本ショッピングセンター協会会長秘書を務める。
2002年東日本旅客鉄道㈱東京支社事業部にてエキュート品川の開発等に携わる。
2006年㈱JR東日本ステーションリテイリングに出向し、エキュート立川の開発・運営等に携わる。
2008年東日本旅客鉄道㈱事業創造本部にて駅ビル全体の管理を行う。
2009年ジェイアール東日本商業開発㈱に出向し、グランデュオ立川、蒲田の売場運営・改装に携わる。
2013年JR東日本東北総合サービス㈱に出向し、仙台駅改良及び構内店舗改装等に携わる。
2016年㈱千葉ステーションビルに出向し、ペリエ千葉のエキナカ・駅ビルの開発・運営に携わり、現在に至る。

第3単元(16:00~17:30)

『SCにおける実効性のあるICS視点の危機管理体制とは』

・調査結果からみるSC共通の危機管理体制の課題とは?
・体験型訓練を通してのディベロッパーとテナントとの連携体制の課題発見
・課題解決の手引き
・先進的な実践事例の紹介

<講 師>
東急ファシリティサービス株式会社
BC研究センター
副センター長
真城 源学 氏

【プロフィール】

危機管理・事業継続の専門団体におけるアドバイス・コンサルティング経験を経て、現在、DRIジャパン、レジリエンス協会等の役員として、行政・企業・個人・ボランティア団体への危機管理・事業継続の普及啓発活動を行いながら、東急ファシリティサービス㈱BC研究センターの副センター長を務める。DRI(※)では、米国DRII最高ライセンスのMBCPを取得、公式インストラクターとしても活動している。筑波大学大学院リスク工学専攻非常勤講師。東北大学災害科学国際研究所共同研究員。

※DRII(Disaster Recovery Institute International)は1988年に米国で設立され、世界の組織があらゆる災害に対して、“備え”“復旧”し、“サバイバル”できるように、BCの専門家を育成するための教育と資格認定を行っている機関。現在、日本を含め世界78カ国に支部があり、100カ国以上で1万5000人を超える専門家がいる。

※やむを得ない事由により、講師・時間割・講演内容等を変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

開催要領

1.開催期日

2020年2月27日(木)

2.会場

(一社)日本ショッピングセンター協会 会議室
東京都文京区後楽1丁目4番14号 後楽森ビル15階

水道橋駅 JR中央・総武線 西口より徒歩4分
都営三田線 A2出口より徒歩6分
飯田橋駅 JR中央・総武線 東口より徒歩7分
東京メトロ南北線・東西線・有楽町線 A1出口より徒歩7分
都営大江戸線 C2出口より徒歩3分
後楽園駅 東京メトロ丸ノ内線 2番出口より徒歩10分

※所要時間は駅出口からビル入口までのものですので、実際はもう少しかかります。

3.受講料

会員27,500円 / 会員外38,500円(いずれも税込)
※レジュメ・資料代を含みます
※開催間際のキャンセルは下記の割合で料金を頂きますので、あらかじめご了承ください。
2/20~2/25・・・正規受講料の50%
2/26~・・・・・正規受講料の100%

4.申込方法

このページの一番下にある「セミナーお申込はこちら」をクリックし、申込みフォームの所定欄に必要事項をご記入の上送信ください。

5.申込締切日

2020年2月21日(金)

6.受講料納入方法

下記指定銀行宛、2020年2月26日(水)までに振込手数料を貴社ご負担の上、お振り込みください
(会員企業様は請求書発行日から、2ヶ月以内にお振込みください)。

普通預金口座
みずほ銀行 虎ノ門支店 No.2140207
三井住友銀行 東京中央支店 No.1076052
三菱UFJ銀行 築地支店 No.0892892

口座名義:シャ)ニホンショッピングセンターキョウカイ

7.お問合せと申込先

(一社)日本ショッピングセンター協会
〒112-0004  東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル15階
TEL:03-5615-8523(教育研修部)
FAX:03-5615-8539
担当:教育研修部 元木・妹尾

8.その他

  • 申込書到着後、請求書と受講証をお送りいたします。申込書送付後、しばらくしても受講証が届かない場合は、ご連絡下さい。また、万が一お振り込み後に請求書が届いた場合はご容赦ください。
  • 銀行が発行する振込受取証をもって当協会の領収書にかえさせていただきますので、ご了承下さい。
  • 当協会に会員登録をされていない企業は、登録企業の系列会社であっても会員扱いとはなりませんので、ご了承ください。
  • テナント企業の方のご参加も可能です。

<個人情報の利用目的について>
当協会は、今回取得します皆様の個人情報を主に「セミナー」を実施するために利用します。その円滑な実施のために名簿を作成して、参加者や講師に配布します。
詳細はこちらをご覧ください。

セミナー申し込みボタン

会員ページはこちら

新着情報

インバウンド対策