会員交流

【会員限定/無料公開】関東・甲信越支部「新型コロナウイルス対策緊急WEBセミナー ~テナント支援編~」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、特に影響を大きく受けているのが「テナント」であり、経営悪化や戦略の変更などにより、今後テナントの閉店・撤退が加速するという予測もなされています。
 こうした緊急事態の状況下で、ディベロッパーは、SC=「テナントとの共同事業体」と捉え、テナントがより安心して営業活動できるための各種支援が、今求められています。
 そこで当協会関東・甲信越支部では、新型コロナウイルス対策の緊急WEBセミナーの第2弾として、(株)トリニティーズ代表取締役の中山亮氏をお招きし、「ウィズコロナ時代に求められるディベロッパーのテナント支援」をテーマにご講演いただいたセミナー映像を会員限定で公開しております。ぜひご活用ください。

講演テーマ

(ディベロッパー向け)
ウィズコロナ時代に求められるテナント支援とは

講師

中山 亮 氏

(株)トリニティーズ 
代表取締役
(SC経営士)

<プロフィール>
早稲田大学卒、東急グループで「たまプラーザテラス」を開発、「青葉台東急スクエア」、「SHIBUYA109」運営マネジャー。2016年(株)トリニティーズ創業。グループ企業3社で代表・役員として開発/リモデルの支援とリーシング・年間販促を手がける。「ジョイナステラス」など多数のSC開業・コンサルティング・PR、近年ECやDXを活用した事業構築、SC協会の講演活動にも注力。SC経営士(第22期)。SC経営士会業務広報グループ副グループ長。復興庁・集中派遣事業認定専門家(現任)。

収録日

2020年9月15日(火)

内容

【現状把握】
●テナントが主に困っていること
●テナントがディベロッパーに求める支援
 <インタビュー:(株)ストライプインターナショナル>

【問題提起】
●テナントを支援しなくてはいけない理由
●コロナを生まれ変わるチャンスに変える

【事例紹介】
●テナント支援の具体事例

形式

オンデマンド配信

※ 会員専用ページのログインには、会員別のID・パスワードが必要です。ご不明な場合は自社窓口担当者または協会までお問合せください。

会員ページはこちら

新着情報

インバウンド対策