Monthly Archives: 3月 2021

SC出店契約書の基礎が学べるセミナー(会場聴講<5/19東京>&WEB聴講<6/16~6/22>)の申込受付を開始しました

期日

会場聴講<東京>:2021年5月19日(水)

WEB聴講:2021年6月16日(水) ~2021年6月22日(火)

受講方法

会場聴講<東京>、WEB受講

受講料

会員(1名)27,500円 / 会員外(1名)38,500円(いずれも税込)
※レジュメ・資料代を含みます。

参加のおすすめ

法的視点と事例で基礎から学ぶ“SC出店契約書
1.SC出店契約を基礎から学べるセミナーです。
2.法律のプロである弁護士からSC出店契約の法的基礎知識をわかりやすく解説します。
3.実務に即したSC出店契約書の留意点について豊富な事例を交え解説します。
4.質疑応答の時間を設け、日頃の悩み・疑問点についてお答えいたします(東京会場)。
皆様のご参加をお待ちしております。

会場聴講<東京>はこちら

WEB聴講はこちら

SC販売統計調査報告 2021年02月

既存SC前年同月比  : ▲13.4%
10都府県で緊急事態宣言続くも宣言前の水準まで回復

全表はこちら

全体概況

  • 2月度の既存SC売上高(総合)は前年同月比▲13.4%となった。10都府県は2月を通じて緊急事態宣言下での営業となり、前月から引き続き時短営業を実施したSCが大半だったが、新規のコロナ陽性者数減少に伴い来館者が増加するとともに、気温の上昇が春物商材の売上回復にも繋がり、緊急事態宣言発出前の12月(同▲14.4%)の水準まで回復した。
  • 立地別・構成別をみると、中心地域が前年同月比▲24.5%、周辺地域は同▲8.2%となった。両地域ともに前月から10ポイント超の改善となった。周辺地域の改善はコロナ下で厳しい状況が続いていたテナントの回復(前月から13.9ポイント増)が寄与した。なかでも、3密の懸念が小さい広域商圏の大規模なオープンモールは回復が顕著で前年同月を上回るSCもみられた。
  • 立地別・地域別をみると、北海道が前年同月比▲18.4%で最も落ち込みが大きかった。前年の2月も全国に先駆けてコロナ感染が拡大したことで、他地域と比較して大幅なマイナス(同▲14.3%)となっていたが、今年は雪まつりがオンライン開催されるなど海外・道外からの観光客も大幅に減少し2年連続で厳しい結果となった。東北は13日に福島県沖で発生した最大震度6強の地震の影響で宮城県や福島県の一部SCが臨時休業したことが響き同▲15.8%と北海道に次ぐ落ち込みだった。
  • 都市規模別・地域別をみると、仙台市が前年同月比▲23.6%と地震の影響で落ち込んだ他、各地域のなかでもコロナ禍以前は県外からの来館者も多かった東京区部(同▲21.8%)、名古屋市(同▲25.0%)、大阪市(同▲28.3%)、福岡市(同▲28.9%)では中心地域のSCのマイナスが響き20%を超える落ち込みとなった。
  • 業種別動向をみると、先述のとおり、春物商材に動きがみられたアパレルが堅調だった他、携帯ショップでは携帯電話の新料金プランの発表に伴い、既存プランの見直しを検討するユーザーの来店がみられSCへの集客に寄与した。一方で、医薬品は前年にマスク等の需要が急増した反動で前年を下回ったとの回答が複数見られた。なお、バレンタインは堅調だったと回答したSCもみられたが、当日が日曜日だったため、通勤客の購入が減った駅ビルでは苦戦したとの声がきかれるなど立地による差がみられた。

SC販売統計調査報告 2021年2月

既存SC前年同月比  : ▲13.4%
10都府県で緊急事態宣言続くも宣言前の水準まで回復

全表はこちら

プレスリリースはこちら

全体概況

  • 2月度の既存SC売上高(総合)は前年同月比▲13.4%となった。10都府県は2月を通じて緊急事態宣言下での営業となり、前月から引き続き時短営業を実施したSCが大半だったが、新規のコロナ陽性者数減少に伴い来館者が増加するとともに、気温の上昇が春物商材の売上回復にも繋がり、緊急事態宣言発出前の12月(同▲14.4%)の水準まで回復した。
  • 立地別・構成別をみると、中心地域が前年同月比▲24.5%、周辺地域は同▲8.2%となった。両地域ともに前月から10ポイント超の改善となった。周辺地域の改善はコロナ下で厳しい状況が続いていたテナントの回復(前月から13.9ポイント増)が寄与した。なかでも、3密の懸念が小さい広域商圏の大規模なオープンモールは回復が顕著で前年同月を上回るSCもみられた。
  • 立地別・地域別をみると、北海道が前年同月比▲18.4%で最も落ち込みが大きかった。前年の2月も全国に先駆けてコロナ感染が拡大したことで、他地域と比較して大幅なマイナス(同▲14.3%)となっていたが、今年は雪まつりがオンライン開催されるなど海外・道外からの観光客も大幅に減少し2年連続で厳しい結果となった。東北は13日に福島県沖で発生した最大震度6強の地震の影響で宮城県や福島県の一部SCが臨時休業したことが響き同▲15.8%と北海道に次ぐ落ち込みだった。
  • 都市規模別・地域別をみると、仙台市が前年同月比▲23.6%と地震の影響で落ち込んだ他、各地域のなかでもコロナ禍以前は県外からの来館者も多かった東京区部(同▲21.8%)、名古屋市(同▲25.0%)、大阪市(同▲28.3%)、福岡市(同▲28.9%)では中心地域のSCのマイナスが響き20%を超える落ち込みとなった。
  • 業種別動向をみると、先述のとおり、春物商材に動きがみられたアパレルが堅調だった他、携帯ショップでは携帯電話の新料金プランの発表に伴い、既存プランの見直しを検討するユーザーの来店がみられSCへの集客に寄与した。一方で、医薬品は前年にマスク等の需要が急増した反動で前年を下回ったとの回答が複数見られた。なお、バレンタインは堅調だったと回答したSCもみられたが、当日が日曜日だったため、通勤客の購入が減った駅ビルでは苦戦したとの声がきかれるなど立地による差がみられた。

SC BUSINESS FAIR 2021 ONLINE 「ショップスタッフが作った来店したくなる動画」 受賞作品の発表について

第45回日本ショッピングセンター全国大会 SC BUSINESS FAIR 2021 ONLINEでは、
コロナ下で販売努力を続けている、テナント会員企業のショップスタッフの応援企画として、併催イベント「ショップスタッフが作った来店したくなる動画」を実施しました。

おかげさまで、ショップスタッフご自身が作った、あるいは登場するなどの、心が躍るような39本の投稿動画が集まりました。

ご投稿いただきました皆様、誠にありがとうございました。

さて、本企画は優劣を競うものではありませんが、本イベントを企画・実施しました全国大会実行委員会にて、印象的な動画を選びましたので発表いたします。

なお、各賞の受賞者には賞金5万円を贈らせていただきます。

【受賞動画】(敬称略・掲載No順)

●No.1  アダストリア HARE.JP
PRコメント:「爽やかよりも渋い大人の色気が漂うスタイリングはお任せください」
賞名:「ユニーク動画賞」(とても個性的で、キレがありました)
動画URL:https://youtu.be/2gT-dm7XUrE

●No.2 島村楽器 仙台ロフト店
PRコメント:「ピアノサロンのレッスンの流れをまとめてみました!」
賞名:「ほのぼの動画賞」(暖かさをとても感じ、再来店したくなります)
動画URL:https://youtu.be/YuraN3FkwXs

●No.3 BAROQUE JAPAN LIMITED イオンモール広島府中 RODEEO CROWNS WIDE BOWL
PRコメント:「お家時間でも楽しんで頂けるような商品のご紹介です!」
賞名:「名コンビ動画賞」(二人の掛け合いがとても楽しかったです)
動画URL:https://youtu.be/4j0Q2aPjMkk

●No.8 有隣堂
PRコメント:「普段見られない閉店後の店内を、商品ともどもじっくりご案内!」
賞名:「ワクワク動画賞」(夜のお店を探検している雰囲気が伝わり、ワクワク感たっぷり)
動画URL:https://youtu.be/EE_VyaJ0bhg

●No.22 グルメ杵屋 サイアムオーキッド
PRコメント:「サイアムオーキッドの魅力をご紹介します」
賞名:「おもてなし動画賞」(ショップスタッフ全員のおもてなしに感激)
動画URL:https://youtu.be/nZhwnTtZ0qo

●No.27 バンダイナムコアミューズメント
あそびパークPLUSみなとみらい東急スクエア店
PRコメント:「子供もスタッフも楽しくコロナ対策ができたらと思い作成しました」
賞名:「スマイル動画賞」(ファミリーが笑顔で来店してくれます、感染対策も万全)
動画URL:https://youtu.be/RtnpH8LJEOU

●No.31 BAROQUE JAPAN LIMITED riendaソラリアプラザ店
PRコメント:「春先の季節を感じさせるカラーアイテムを取り入れてみませんか?」
賞名:「インパクト動画賞」(登場の仕方やその後の展開が衝撃的でした)
動画URL:https://youtu.be/wHSsFV2IztY

 

以上です。

受賞された方々、おめでとうございます!

皆様には、追って事務局からご案内をさせていただきます。

◆受賞動画は下記サイトにて、公開させていただく予定です。
https://www.scbf.jp/index.html

 

一般社団法人 日本ショッピングセンター協会 事務局

緊急事態宣言の終了を踏まえた基本的対処方針の着実な実施のお願い【内閣官房】

内閣官房より「緊急事態宣言の終了を踏まえた基本的対処方針の着実な実施のお願い」について周知依頼がありましたのでご案内致します。
※以下周知依頼本文及び別添資料参照

(周知依頼本文)
令和3年3月18日に新型コロナウイルス政府対策本部において、3月21日をもって緊急事態が終了する(別添1)とともに、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(別添2)が変更されましたのでお知らせいたします。
基本的対処方針では、国及び自治体において、「緊急事態宣言解除後の新型コロナウイルス感染症への対応」(別添3、4)を踏まえ、社会経済活動を継続しつつ、再度の感染拡大を防止し、重症者・死亡者の発生を可能な限り抑制するため取組をすすめていくこととするとされているところです。
また、基本的対処方針では、緊急事態措置区域から除外された都道府県においては、職場への出勤については当面、「出席者数の7割削減」を目指し、在宅勤務(テレワーク)や、出勤が必要となる職場でもローテーション勤務等を強力に推進することとされていますので、団体・企業の皆様におかれては、在宅勤務(テレワーク)、ローテーション勤務等にご協力お願いいたします。
また、それ以外の都道府県についても、テレワーク、時差出勤、自転車通勤等、人との接触を低減する取組に引き続きご協力いただきますようお願いいたします。

別添1:新型コロナウイルス感染症緊急事態の終了
別添2:新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和3年3月18日変更)
別添3:緊急事態宣言解除後の新型コロナウイルス感染症への対応
別添4:緊急事態宣言解除後の新型コロナウイルス感染症への対応(概要)
別添5:緊急事態宣言解除後の地域におけるリバウンド防止策についての提言