Monthly Archives: 2月 2018

2017年度SC接客マイスター筆記試験合格発表

2017年度SC接客マイスター筆記試験合格発表

おめでとうございます。
以下の受験番号の方が2017年度SC接客マイスター筆記試験の合格者です。
受験されました皆様には別途、合否の結果をお送りしております。

2級合格者
17010003 17030067 17060013
17010009 17030083 17060044
17020018 17030090 17070012
17030003 17030105 17080005
17030008 17030108
17030030 17030110
17030040 17040008
17030042 17040037
17030054 17050019
17030055 17050030

 

3級合格者
17010005 17020012 17030011 17030024 17030038
17010014 17020013 17030012 17030025 17030039
17020001 17020014 17030013 17030026 17030041
17020003 17020015 17030014 17030027 17030043
17020006 17020016 17030015 17030028 17030044
17020007 17020017 17030018 17030032 17030048
17020008 17030001 17030019 17030033 17030050
17020009 17030002 17030021 17030034 17030051
17020010 17030006 17030022 17030035 17030052
17020011 17030007 17030023 17030037 17030057
17030059 17030073 17030088 17030099 17040001
17030061 17030076 17030089 17030100 17040004
17030063 17030077 17030091 17030101 17040005
17030064 17030078 17030092 17030103 17040006
17030065 17030080 17030093 17030106 17040007
17030066 17030081 17030094 17030111 17040009
17030068 17030082 17030095 17030113 17040012
17030069 17030085 17030096 17030115 17040013
17030071 17030086 17030097 17030116 17040015
17030072 17030087 17030098 17030119 17040017
17040019 17040035 17040050 17040070 17050009
17040020 17040036 17040051 17040073 17050010
17040021 17040038 17040052 17050001 17050012
17040022 17040039 17040056 17050002 17050014
17040023 17040040 17040057 17050003 17050015
17040024 17040044 17040058 17050004 17050017
17040026 17040045 17040059 17050005 17050022
17040027 17040046 17040060 17050006 17050023
17040031 17040047 17040063 17050007 17050024
17040033 17040048 17040066 17050008 17050026
17050027 17060020 17060036 17070006 17070020
17060001 17060021 17060040 17070007 17070022
17060002 17060022 17060041 17070008 17070023
17060003 17060023 17060042 17070009 17070024
17060004 17060025 17060043 17070011 17070025
17060005 17060026 17060045 17070013 17070026
17060008 17060028 17060046 17070014 17080001
17060012 17060030 17070001 17070016 17080002
17060016 17060032 17070002 17070018 17080004
17060019 17060033 17070004 17070019 17080006
17080007 17080026
17080008 17080027
17080014 17080028
17080016 17080029
17080017 17080031
17080018 17080032
17080019 17080033
17080021
17080022
17080024

SC販売統計調査報告2018年01月

既存SC前年同月比  : ▲0.2%
月初は堅調にスタートするも中旬以降苦戦し前年同月比▲0.2%

全表はこちら

全体概況

  • 1月度の既存SCの売上高は、前年同月比▲0.2%となり前年を下回った。テナントは同0.0%(▲0.03%)、キーテナントは同▲0.8%となり両者ともに前年を下回った。月初は概ね好調であったが、中旬以降苦戦が見られた。特に月下旬は全国的に気温が下がり冬物衣料の需要があったもののアパレルの冬物在庫が少なかったため、衣料品の販売に苦戦したとの回答がみられた。
  • 立地別・構成別の総合では、中心地域が総合で前年同月比▲1.1%と前年を下回ったが、周辺地域は、テナントが同0.5%で、キーテナント(同▲0.8%)のマイナスを補い、総合で同0.2%と僅かながら前年を上回った。
  • 立地別・地域別では、全9地域のうち、前年を上回ったのが4地域(東北、中部、近畿、九州・沖縄)、下回ったのが5地域(北海道、関東、北陸、中国、四国)となった。関東地方では22日の積雪により営業時間を短くした影響もみられた。
  • 都市規模別では、政令指定都市の総合が前年同月比▲0.3%、その他の地域も同▲0.1%となり両者ともに前年を下回った。中でも全都市、地域のなかで最も苦戦した名古屋市(総合で同▲4.0%)は12SC中10SCが前年を下回る厳しい結果となった。
  • 業種毎の販売動向をみると、好調との回答が多かった業種はテナントでは飲食、キーテナントでは生鮮食品となった。一方で、不調との回答が多かった業種はテナント、キーテナント共に婦人衣料であった。

 

SC販売統計調査報告2018年1月

既存SC前年同月比  : ▲0.2%
月初は堅調にスタートするも中旬以降苦戦し前年同月比▲0.2%

全表はこちら

プレスリリースはこちら

全体概況

  • 1月度の既存SCの売上高は、前年同月比▲0.2%となり前年を下回った。テナントは同0.0%(▲0.03%)、キーテナントは同▲0.8%となり両者ともに前年を下回った。月初は概ね好調であったが、中旬以降苦戦が見られた。特に月下旬は全国的に気温が下がり冬物衣料の需要があったもののアパレルの冬物在庫が少なかったため、衣料品の販売に苦戦したとの回答がみられた。
  • 立地別・構成別の総合では、中心地域が総合で前年同月比▲1.1%と前年を下回ったが、周辺地域は、テナントが同0.5%で、キーテナント(同▲0.8%)のマイナスを補い、総合で同0.2%と僅かながら前年を上回った。
  • 立地別・地域別では、全9地域のうち、前年を上回ったのが4地域(東北、中部、近畿、九州・沖縄)、下回ったのが5地域(北海道、関東、北陸、中国、四国)となった。関東地方では22日の積雪により営業時間を短くした影響もみられた。
  • 都市規模別では、政令指定都市の総合が前年同月比▲0.3%、その他の地域も同▲0.1%となり両者ともに前年を下回った。中でも全都市、地域のなかで最も苦戦した名古屋市(総合で同▲4.0%)は12SC中10SCが前年を下回る厳しい結果となった。
  • 業種毎の販売動向をみると、好調との回答が多かった業種はテナントでは飲食、キーテナントでは生鮮食品となった。一方で、不調との回答が多かった業種はテナント、キーテナント共に婦人衣料であった。

 

SC販売統計調査報告 2017年年間

既存SC前年対比   : +0.6%
(確報値)SC年間総売上高(推計) :32兆355億円(前年対比+2.3% 全SCベース)

全表はこちら

全体概況

  • 2017年(暦年)の既存SC売上高対前年比は+0.6%となった。内訳はテナント総合が同+1.0%、キーテナント総合が同▲0.9%となった。
  • 1月、2月と前年を下回ってスタートしたが、3月以降は10月を除いて前年を上回り概ね好調に推移した。
  • 立地別・構成別で大都市中心地域のキーテナントが同+5.6%と好調であったことをはじめ、都市規模別・地域別でも政令指定都市が総合で同0.9%となり、大都市で底堅さがみられた。一方で、地方ではやや苦戦がみられ、立地別・構成別では地方の百貨店で苦戦もあり中都市中心地域が唯一前年を下回ったのをはじめ、立地別・地域別では、北陸(同▲1.6%)、中国(同▲2.1%)、四国(同▲3.3%)の3地域で前年を下回った。
  • 業種別の状況をみると、テナントでは飲食、サービス、雑貨が年間を通じて好調との回答が多かった。不振の業種で回答が多かったのは婦人衣料であったが、不振と回答したSC数は8月以降減少し、僅かながら回復の傾向がみられた。
  • 全SCベースの年間総売上高は推計で32兆355億円(確報値)で前年比+2.3%となった。

SC販売統計調査報告 2017年年間

既存SC前年対比   : +0.6%
(速報値)SC年間総売上高(推計) :31兆9,868億円(前年対比+2.1% 全SCベース)

全表はこちら

プレスリリースはこちら

全体概況

  • 2017年(暦年)の既存SC売上高対前年比は+0.6%となった。内訳はテナント総合が同+1.0%、キーテナント総合が同▲0.9%となった。
  • 1月、2月と前年を下回ってスタートしたが、3月以降は10月を除いて前年を上回り概ね好調に推移した。
  • 立地別・構成別で大都市中心地域のキーテナントが同+5.6%と好調であったことをはじめ、都市規模別・地域別でも政令指定都市が総合で同0.9%となり、大都市で底堅さがみられた。一方で、地方ではやや苦戦がみられ、立地別・構成別では地方の百貨店で苦戦もあり中都市中心地域が唯一前年を下回ったのをはじめ、立地別・地域別では、北陸(同▲1.6%)、中国(同▲2.1%)、四国(同▲3.3%)の3地域で前年を下回った。
  • 業種別の状況をみると、テナントでは飲食、サービス、雑貨が年間を通じて好調との回答が多かった。不振の業種で回答が多かったのは婦人衣料であったが、不振と回答したSC数は8月以降減少し、僅かながら回復の傾向がみられた。
  • 全SCベースの年間総売上高は推計で31兆9,868億円(速報値)で前年比+2.1%となった。

「SC JAPAN TODAY」3月号

3月号

特集:第42回日本ショッピングセンター全国大会
革新と共生が未来を切りひらく-SCから元気発信-

【挨拶】
会長挨拶
(一社)日本ショッピングセンター協会 会長 清野 智

【SCビジネスフェア2018】
SCビジネスフェア2018 展示規模過去最大を更新。延べ5.8万人が来場

【出展者交流パーティー】
出展者交流パーティーに550名が参加

【発見マルシェ】
SCを元気にする地域こだわりの食・雑貨・体験エリア「発見マルシェ」

【学生向けSC業界研究イベント】
学生へSCの元気と魅力を伝える「第7回SC業界研究イベント」

【有料セミナー 基調講演①】
2018年激動の世界における日本の進路
(一財)日本総合研究所 会長 寺島 実郎

【有料セミナー 基調講演②】
街と共生するアーバンドミナント戦略 ~時代の大きな変化への対応と今後の事業展開~
J.フロントリテイリング㈱ 取締役兼代表執行役社長 山本 良一

【有料セミナー SCシンポジウム①】
食から始まるライフスタイル新潮流 ~コミュニティ型食文化の新戦略~
㈱カゲン 代表取締役 中村 悌二
㈱力の源カンパニー 代表取締役社長兼COO 清宮 俊之
窪田建築都市研究所 代表 窪田 茂
入川スタイル&ホールディングス㈱ 代表取締役社長兼CEO 入川 ひでと

【有料セミナー 記念講演】
バンダイナムコグループのIP軸戦略について -進化し続けるエンターテインメントビジネス-
㈱バンダイナムコホールディングス 代表取締役社長 田口 三昭

【有料セミナー SCシンポジウム②】
SCの未来を切りひらく人手不足対策とは? ~働きやすい職場環境づくりとテクノロジー活用~
㈱パルコ 執行役 グループICT戦略室担当 林 直孝
がんこフードサービス㈱ 取締役副社長 立命館大学 客員教授 新村 猛
資生堂ジャパン㈱ 執行役員 プレステージブランド/専門店事業本部 プレステージブランド事業部長 堀井 清美
三菱地所・サイモン㈱ 代表取締役社長 ((一社)日本ショッピングセンター協会理事、総務委員会委員長) 山中 拓郎

【無料セミナー 主催者企画A(SC経営士会)】
ディベロッパービジネス再起動 新たな経営戦略とは
~ファッション依存型からの脱却を迫られるディベロッパービジネスの最前線~
イオンリテール㈱ 北関東・新潟カンパニーSC部 リーシングサポートグループ リーシングマネージャー 山崎 佳子
片倉工業㈱ 商業施設事業部 店舗運営室長 松岡 俊介
盛岡ターミナルビル㈱ SC営業本部営業企画部 担当課長 佐藤 繁
㈱東京ドーム 営業企画部 テナント企画グループ グループ長 田部井 一哉

【無料セミナー 主催者企画B(全国大会実行委員会)】
海外出店に関するサポートセミナー ~海外ディベロッパー&先進企業に学ぶ~
中華民国購物中心協会(台湾ショッピングセンター協会) Chairman ジェフ・ツァイ
宏匯集団(台湾Hongwell Group)Special Assistant of Chairman インディ・チェン
恒隆地産有限公司(中国香港 HungLung Properties Limited.) Director-Leasing&Management ベッラ・チョア
深セン中洲集団有限公司(中国深セン Shenzhen Centralcom Group Ltd.) Vice General Manager ライナス・ルー
㈱ナムコ インド法人・香港法人社長 菊池 修一
㈱Zeppホールネットワーク ホール開発事業部 チーフプロデューサー 新名 宏一郎
JLLモールマネジメント㈱ 海外部長 フィリップ・デ・スーザ

【無料セミナー 主催者企画C(次世代SCテクノロジー研究会)】
SCの課題をテクノロジーで解決する
㈱SHIBUYA109エンタテイメント オムニチャネル運営事業部 渋谷運営部 担当部長 兼 マーケティング戦略事業部エンタテイメント・コミュニケーション部 担当部長 澤邊 亮
㈱パルコ グループICT戦略室 業務部長 野中 健次
東日本旅客鉄道㈱ 事業創造本部 地域活性化部門 課長 事業開発グループ グループリーダー 佐野 太
三井不動産㈱ 商業施設本部 &mall事業室 主事 黒岩 哲也
㈱丸井 オムニチャネル事業本部 部長 臼井 毅

【無料セミナー 主催者企画D(国際委員会)】
訪日外国人を取り込め! ~地域と育むショッピングツーリズム~
(一社)ジャパンショッピングツーリズム協会 専務理事/事務局長 ㈱USPジャパン 代表取締役社長 (一社)日本ショッピングセンター協会 国際委員会委員 新津 研一
福岡地所㈱ キャナルシティ博多事業部 部長 下田 圭一
㈱JR東日本青森商業開発 成長事業戦略室 室長 兼 営業部 次長 地域活性化グループGL 平山 仁資
住商アーバン開発㈱ 代表取締役社長 (一社)日本ショッピングセンター協会理事、国際委員会委員長 高野 稔彦

【無料セミナー 主催者企画E(SCアカデミーテラス)】
シニア最前線! 超高齢化社会におけるブルーオーシャン市場!?
NTT都市開発㈱ 商業事業本部 商業事業部 運営担当 第1グループ長 山口 公明
湘南ステーションビル㈱ 平塚店営業部 営業サービス課長 奥平 直子
大和ハウス工業㈱ 本社SC事業部 SC事業推進室 課長 矢嶋 健至
㈱丸井 店舗事業本部 店舗プロデュース部 定借管理課 チーフリーダー 五十嵐 洋介

【SC接客ロールプレイングコンテスト】
第23回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会

【トークセッション】
ロールプレイングの価値と意味を考えよう? vol.2
~優勝を経験した今だから言えること~
丸ビル ビームスハウス 斉藤 智也
東京ソラマチ フラワーデコ 原田 千紘
kocori代表 坂本 りゅういち

【日本のSC】
高崎オーパ

【世界のSC】
スリアKLCC

【世界の専門店】
スペース・ナインティ・エイト
(西村 あきら)

【サードプレイス実践論】
サードプレイスがSCの救世主になる
(太田 巳津彦)

【公共政策】
「にぎわい施設で目立つ多摩産材推進事業」SC等商業施設での活用事例

【SC法律Q&A】
第9回 中途解約と違約金
(片柳 昻二)

【World EYE from NY】
フレキシブル・フォーマットの小型店舗で
大都市制覇を狙うターゲット
(春日 淑子)

【特別報告】
~“競合”から“協同”へ~
お台場地区の集客戦略と今後のインバウンド対応を考える
東急不動産SCマネジメント㈱ 運営本部 第1運営部 デックス東京ビーチ 竹口 三郎
三井不動産商業マネジメント㈱ 運営第一本部 運営室 プロモーション課 海老塚 利孝
三菱地所リテールマネジメント㈱ 運営本部 臨海運営部 アクアシティお台場 武佐 汐莉
森ビル㈱ 商業施設事業部 ヴィーナスフォート運営室 小池 さおり
㈱西武プロパティーズ 商業企画部 マネジャー 島田 隆

平成29年度 中国・四国支部総会&記念講演&懇親会『テナントとディベロッパーの新たなパートナーシップを探る パートⅢ ~人口減少時代に生き残る地方SCのリーシング視点とは~』(3/13)

2018年3月13日(火)開催の平成29年度 中国・四国支部総会&記念講演&懇親会の募集を開始しました。ご応募お待ちしております。

期日
2018年3月13日(火)
会場
<総会/記念講演>
山陽SC開発(株)内 会議室
(岡山市北区駅元町1-2-301)
<懇親会>
ホテルグランヴィア岡山
(岡山市北区駅元町1-5)

参加のおすすめ

一般社団法人日本ショッピングセンター協会 中国・四国支部では、昨年10月にSC接客ロールプレイングコンテスト中国・四国大会の開催、11月には作家迫勝則氏を講師としてお招きし「カープ野球に学ぶ型破り集客マーケティング」と題し、講演会を開催するなど支部管内会員の皆様を対象に活動を展開してまいりました。
今回は、人口減少や高齢化社会などの影響を受けて、地方のSCではリーシングが難しくなってきているといわれる中、SCにご出店されておられるテナント企業の代表者をパネリストとしてお招きし、「人口減少時代に生き残る地方SCのリーシング視点とは」と題して、テナント側から見た今のSCの現状や課題ならびにディベロパーに期待することなどについて語っていただきます。
講演会の後に懇親会も予定しております。ぜひ皆様にご参集いただき、懇親および情報交換の場としてご活用いただきたいと願っております。
時節柄大変お忙しい折とは存じますが、皆様お誘いあわせの上うえご参加くださいますようお願い申し上げます。

一般社団法人 日本ショッピングセンター協会
中国・四国支部長 吉田憲司 (山陽SC開発(株) 代表取締役社長)

「SCマネジャー交流セミナー」(3/20開催)の募集を開始

2018年3月20日(火)開催「SCマネジャー交流セミナー」の募集を開始いたしました。

期日

2018年3月20日(火)

会場

(一社)日本ショッピングセンター協会 会議室
住所:東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル15階
TEL:03-5615-8523(教育研修部)

参加のおすすめ

  • 話題の新SCとリニューアルSCについて学んでいただけるセミナーです。
  • SCを取り巻く現状を踏まえ、これからのSCの新しい形態、方向性を考えます。
  • セミナー終了後の交流会で情報交換。業界ネットワーク構築のきっかけとなります。

「SCリニューアルセミナー」(3/16開催)の募集を開始

2018年3月16日(金)開催「SCリニューアルセミナー」の募集を開始いたしました。

期日

2018年3月16日(金)

会場

(一社)日本ショッピングセンター協会 会議室
住所:東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル15階
TEL:03-5615-8523(教育研修部)

受講料

会員27,000円 / 会員外37,800円(いずれも税込)

参加のおすすめ

  • 実際のSCリニューアルの実例から、リニューアルを成功へ導くヒントが掴めます。
  • SCの現場に精通している各社の実務管理者のお話しを中心とした実践的なセミナーです。
  • SCリニューアルを計画中や近々に実施を控えている担当者様に最適です。

皆様のご参加をお待ちしております。

SC販売統計調査報告 2017-18年 年末年始販売統計調査報告

全表はこちら

全体概要

2017-2018年末年始SC販売額は前年比で102.9%と前年を上回った。また、レジ客数(前年比100.3%)、客単価(同102.6%)ともに前年を上回った。

①年末(12/28~31)の売上高は全ての日で前年を上回り、年末トータルで前年比104.9%のプラスとなった。出足の28日はレジ客数が前年を下回った(同99.1%)こともあり売上高が同100.9%と前年並みだったものの、29日以降は前年を大きく上回り好調に推移した。

②年始(1/1~1/3)の売上高前年比は101.0%と微増となった。1日(売上高前年対比99.1%)は前年を下回ったものの、2日((同101.3%)と3日(同102.5%)と前年を上回り年始通算ではプラスとなった。

③客単価平均は、全期間で前年比102.6%の2,780円で前年を上回った。回答の中でも「高質な食材の需要が高かった」「高額品の福袋から完売となり、価格だけではなく本当に欲しいものであれば購入する傾向が見られた」などといった回答がみられた。

④好調業種は、飲食が最も多く、以下、雑貨、婦人衣料と続いた。一方で不振業種としては婦人衣料が最も多く、次点の紳士衣料と大きな差が見られた。また、好調業種と不振業種の回答SC数の差を見ると、好調の回答が最多の飲食は不振と回答したSCが少なく、多くのSCで好調であった。

⑤バーゲン開始日は、1月2日が37.5%と最も多く、2番目に多かった1月1日の24.4%と合わせると、61.9%を占めた。一方で、12月中にバーゲンを開始したSCは30.6%(「その他」のうち12月にバーゲンを開始したSCを含む)と一定の割合を占めた。バーゲンの実施期間は6日間~10日間が31.4%と最も多かった。次いで多かった11日間~15日間(28.2%)とあわせると、全体の約6割が6日間~15日間の範囲に収まった。

※当協会のSC販売統計調査報告は、政府統計に合わせて消費税を含めて算出しております。