Monthly Archives: 2月 2017

SC接客マイスター2016 合格発表

SC接客マイスター2016 合格発表

おめでとうございます。
以下の受験番号の方がSC接客マイスター合格者です。
受験されました皆様には別途、合否の結果をお送りいたします。

2015年度 2級
15010002 15030019 15030053 15040008 15050011
15010003 15030020 15030058 15040009 15060003
15010019 15030021 15030061 15040010 15060005
15020001 15030027 15030074 15040013 15060006
15020003 15030031 15030078 15040021 15060007
15020007 15030032 15030086 15040027 15060009
15020017 15030034 15030087 15040028 15060010
15030011 15030037 15040002 15040032 15060011
15030015 15030042 15040004 15050003 15060012
15030016 15030044 15040006 15050006 15060015
15060017 15060038 16020012
(15020016)
15060021 15070001
15060023 15070002 16030140
(15030049)
15060024 15070009
15060025 15070011 16040064
(15040011)
15060027 15070013
15060030 15080003 16060010
(15060001)
15060034 15080008
15060036 15080010 16080018
(15080001)
15060037 15080012

 

2015年度 3級
15010001 15020002 15020015 15030009 15030038
15010004 15020004 15020018 15030012 15030039
15010005 15020006 15020021 15030018 15030048
15010008 15020008 15020023 15030023 15030050
15010009 15020009 15030002 15030024 15030051
15010018 15020010 15030004 15030025 15030054
15010021 15020011 15030005 15030028 15030055
15010022 15020012 15030006 15030029 15030056
15010025 15020013 15030007 15030030 15030057
15010026 15020014 15030008 15030033 15030060
15030062 15030080 15040017 15040033 15050004
15030063 15030081 15040018 15040034 15050005
15030065 15030082 15040019 15040035 15050009
15030066 15030083 15040020 15040036 15050010
15030067 15030084 15040022 15040037 15050012
15030069 15030085 15040023 15040038 15050014
15030070 15040012 15040024 15040039 15050016
15030071 15040014 15040025 15040040 15050017
15030073 15040015 15040026 15040041 15050018
15030077 15040016 15040030 15050002 15050019
15050020 15060020 15070005 15080007
15050021 15060022 15070006 15080009
15050022 15060026 15070007 15080013
15050023 15060028 15070008 15080014
15060002 15060029 15070012 15080015
15060004 15060032 15070014
15060013 15060033 15070015
15060014 15060040 15070016
15060016 15060041 15070017
15060019 15070003 15080002

 

2016年度 2級
15030036
(16030100)
16030125 16040015 16040094 16050034
16030126 16040018 16050006 16050040
16020014 16030130 16040022 16050014 16050042
16030005 16030136 16040025 16050015 16050043
16030008 16030152 16040043 16050016 16060003
16030028 16030153 16040058 16050017 16060022
16030044 16030160 16040075 16050019 16080007
16030045 16030163 16040083 16050020 16080011
16030090 16040004 16040086 16050022 16080012
16030113 16040013 16040089 16050033 16080025
16030115

 

2016年度 3級
15030001
(16030082)
16010010 16020021 16030014 16030033
16010011 16020022 16030016 16030034
15030045
(16030124)
16010012 16030003 16030018 16030036
16010031 16030004 16030019 16030038
16010002 16020005 16030006 16030021 16030039
16010003 16020006 16030007 16030022 16030041
16010004 16020007 16030009 16030024 16030043
16010005 16020008 16030010 16030025 16030046
16010006 16020009 16030011 16030027 16030047
16010007 16020015 16030012 16030030 16030048
16030050 16030067 16030091 16030127 16030154
16030051 16030068 16030092 16030131 16030156
16030052 16030069 16030094 16030132 16030159
16030054 16030070 16030101 16030135 16030161
16030055 16030073 16030111 16030139 16030162
16030057 16030074 16030114 16030142 16030165
16030059 16030075 16030117 16030143 16030166
16030060 16030076 16030119 16030148 16030167
16030061 16030079 16030120 16030150 16030168
16030063 16030080 16030123 16030151 16030170
16030171 16040019 16040041 16040072 16040093
16040001 16040020 16040044 16040073 16040095
16040005 16040021 16040045 16040074 16040097
16040006 16040024 16040055 16040077 16040098
16040007 16040026 16040057 16040078 16050001
16040008 16040030 16040061 16040079 16050007
16040010 16040034 16040066 16040080 16050008
16040011 16040035 16040067 16040082 16050009
16040014 16040036 16040069 16040085 16050010
16040017 16040040 16040070 16040087 16050012
16050031 16060014 16060033 16070004 16070018
16050035 16060015 16060034 16070005 16070019
16050036 16060016 16060037 16070006 16080002
16060002 16060017 16060042 16070007 16080005
16060004 16060018 16060043 16070008 16080006
16060005 16060019 16060044 16070009 16080008
16060006 16060021 16060048 16070010 16080010
16060009 16060024 16060049 16070013 16080013
16060011 16060028 16060051 16070014 16080014
16060013 16060031 16070002 16070016 16080015
16080016
16080017
16080019
16080020
16080021
16080023
16080024
16080027
16080029
16080030

 

「SC JAPAN TODAY」3月号

201703

特集:第41回日本ショッピングセンター全国大会 ~革新と共生が未来を切りひらく~

【挨拶】
会長挨拶
(一社)日本ショッピングセンター協会 会長 清野 智

【SCビジネスフェア2017】
SCビジネスフェア2017 延べ5.7万人が来場、交流がより活発に

【出展者交流パーティー】
出展者交流パーティーに570名が参加

【復興応援コーナー】
6団体が参加したSCビジネスフェア復興応援コーナー

【学生向けSC業界研究イベント】
500人の学生が参加 第6回SC業界研究イベント

【有料セミナー 基調講演①】
竹中平蔵が見る今後の日本経済
東洋大学教授 慶應義塾大学名誉教授 経済学者 竹中 平蔵

【有料セミナー 基調講演②】
激動時代のSC業界の未来について ~ルミネの成長と革新~
㈱ルミネ 代表取締役社長 新井 良亮

【有料セミナー 記念講演①】
米国の流通革命に学ぶファッション・ビジネス
~デジタル化とディスラプションが創造する未来~
(一社)ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション 代表理事・会長 尾原 蓉子

【有料セミナー 記念講演②】
小売業における戦略人事
㈱三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長執行役員 大西 洋

【有料セミナー SCシンポジウム】
時代が求めるファッションとは ~ファッションから元気発信!~
㈱ジュン 代表取締役社長 佐々木 進
㈱マッシュホールディングス 代表取締役社長 近藤 広幸
㈱R・B・K 代表取締役 飯嶋 薫

【無料セミナー 主催者企画A(単館SC研究会)】
地方単館SCの強み
(協)江釣子ショッピングセンター 事務局次長 平藤 明
㈱札幌副都心開発公社 取締役 SC事業部兼文化事業部 部長 西内 敦久
静鉄プロパティマネジメント㈱ 常務取締役 セノバ事業部長
セノバリニューアル推進プロジェクトチーム 後藤 誠一
㈱フォルマ 代表取締役社長(関東・甲信越支部単館SC研究会座長) 田中 篤也

【無料セミナー 主催者企画B(全国大会実行委員会)】
復興を通じて私たちが目指すもの ~女川町のまちづくり~
宮城県女川町長 須田 善明

【無料セミナー 主催者企画C(SC経営士会)】
SC経営士25周年を迎えて ~次世代のSC経営士を考える~
㈱アトレ 運営推進部 CS推進室 主任 長岡 瑞恵
京王電鉄㈱ 海外戦略部 FC推進室 課長補佐 桑山ゆりか
㈱東京ドーム 業務部 テナント企画グループ グループ長 田部井一哉
㈱丸井グループ 不動産事業部 課長 城所 宏政

【無料セミナー 主催者企画D(次世代SCテクノロジー研究会)】
SC進化論 ~明日から始められるテクノロジー活用~
㈱東急モールズデベロップメント SHIBUYA109事業本部ブランド戦略室ブランド統括部
シニアマネジャー兼SHIBUYA109事業部109ネット部シニアマネジャー 沢辺 亮
㈱丸井 オムニチャネル事業本部 部長 臼井 毅
㈱アーバンリサーチ 販売促進部 シニアマネージャー 齊藤 悟
㈱中川政七商店 執行役員/Chief Digital Officerデジタルコミュニケーション部 部長 緒方 恵
㈱パルコ 執行役 WEB/マーケティング部、メディアコミュニケーション部担当 林 直孝

【無料セミナー 主催者企画E(SCアカデミーテラス)】
脱同質化! 個性で光るSCの挑戦事例 ~オーバーストア時代における差別化とは~
大和情報サービス㈱ PM事業本部 リーシング部 部長 石森 崇志
JR西日本大阪開発㈱ 営業本部 営業企画部 マネージャー 今治加奈子
東山遊園㈱ 専務取締役 水野 宏洋
㈱東京ドーム 業務部 テナント企画グループ グループ長 田部井一哉

【無料セミナー 主催者企画F(全国大会実行委員会)】
人材確保の取り組み
㈱ジャパンイマジネーション 執行役員 人事部 部長 松浦 理
㈱アダストリア 人事総務部 部長 田中 良興
㈱JTBコミュニケーションデザイン プロモーション事業部 第3営業局 局長 田中 恭之

【SC接客ロールプレイングコンテスト】
第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会

【トークセッション】
ロールプレイングの価値と意味を考えよう!!
~全国大会出場者の実体験から導き出されるいくつかの理由~
kocori 代表 坂本りゅういち
㈱ゴールドウイン 管理本部 人事部 リテイルサポートグループ 竹原 篤史

【日本のSC】
吹田グリーンプレイス

【世界の専門店】
マスト・ブラザーズ
(西村あきら)

【特別報告】
熊本地震時の対応・復旧と今後の危機管理について
(㈱イズミ 専務取締役営業本部長 梶原雄一朗)

【World EYE from NY】
オムニチャネル時代のポップアップ店 ドミノ・ホリデイ・ドリーム
(春日淑子)

【SC法律Q&A】
第5回 定期借家契約の終了通知
(片柳昻二)

【人材確保の取り組み】
「ピオレ姫路」今春より営業時間を短縮 ―SCの社会政策として―
(神戸SC開発㈱)

【SHOP FOCUS】
子育てママのワークショップ「グレイス」、
商業施設のイベント提案も多彩に
(田中千賀子)

会員委員会主催 柏髙島屋ステーションモールにおけるESの取り組み(3/16)

期日

2017年3月16日(木)

会場

柏髙島屋ステーションモール Tスクエアビル5F第1会議室
(千葉県柏市末広町8-18)[アクセス]

今回開催する会員委員会主催の研修会は「ES」に焦点を当て人材不足を克服するヒントに繋げていただく企画といたしました。
「柏髙島屋ステーションモール」のテナントスタッフの現状やESの取り組み、その成果などについてお話いただき、バックヤード等の視察も行います。
また参加者相互の情報交換、ネットワーク作りを目的とした懇親会も開催いたします。
ぜひこの機会にご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

詳しくはこちら

平成28年度 近畿支部 支部総会 SCフォーラム&懇親会(3/8)

期日

2017年3月8日(水)

会場

ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区梅田3-1-1)[アクセス]

支部会員の方々が一堂に集まる場ですので、是非とも多くの方々にご参加いただき、交流の場としてもご活用ください。総会後のSCフォーラムには当協会会長の清野智より「いま思うこと」と題して講演会を行います。
SCフォーラム終了後の懇親会では情報交換の場としてご活用いただければと思います。
時節柄たいへんお忙しい折とは存じますが、皆様お誘いあわせのうえ、是非のご参加をお願い申し上げます。

詳しくはこちら

平成28年度 関東・甲信越支部総会&講演会・懇親会(3/6)

期日

2017年 3月6日(月)

会場

日本ショッピングセンター協会 (東京都文京区後楽1-4-14後楽森ビル15階)

関東・甲信越支部管内会員の皆様には、平素から協会及び支部活動に御尽力いただきありがとうございます。関東・甲信越支部では、「SC業界若手育成研究会」や、「単館SC研究会」など、会員の皆様のニーズにこたえる独自の支部活動の充実に努めてまいりました。平成28年度支部総会開催にあたり、今年度も講演会・懇親会を開催致します。
日本経済に目を向けますと個人消費は低迷が長期化、米国新大統領の政策運営などには不透明感もあります。このような政治経済の状況下、今回の講演会は読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏をお迎えし、「どうなる日本の政治と経済」をテーマとしました。この機会に経営のヒントを得ていただくとともに、会員の皆様の交流ネットワークが図れればと考えておりますので、是非ご参加くださいますようご案内致します。

詳しくはこちら

SC販売統計調査報告 2017年1月

既存SC前年同月比  : ▲1.2%
年始のセールの勢いが続かず、中旬以降苦戦

全表はこちら

プレスリリースはこちら

全体概況

  • 1月の既存SC売上高は前年同月比で▲1.2%と前月(▲0.1%)から1.1ポイント後退し、2ヶ月連続で前年を下回った。テナントは同▲1.0%で前月(0.5%)から1.5ポイント減、キーテナントは同▲2.1%で前月(▲0.4%)から1.7ポイント減と前月から後退した。
  • 立地別(表1)の総合では、中心地域が同▲1.6%、周辺地域が同▲1.1%となった。特に中心/中都市のキーテナントでは百貨店などの不振もあり同▲5.6%と厳しい結果となった。
  • 地域別(表2)では、北海道(前年同月比0.3%)、東北(同0.5%)、九州・沖縄(同2.4%)の3地域が前年を上回ったが、残りの6地域で前年比マイナスとなった。四国(▲4.3%)はGMSを核とするSCなどの苦戦もみられた。
  • 都市規模別(表3)では、政令指定都市で▲0.7%、その他の地域で▲1.6%となった。政令指定都市はプラスの都市が6都市、マイナスの都市が7都市と分かれたが、その他の地域では北海道と九州・沖縄を除く7地域でマイナスとなり多くの地域で苦戦がみられた。
  • 業種毎の好調・不振をみると、テナントは飲食・サービスが好調との回答がみられた一方で、婦人衣料を中心とした衣料品や衣料関連の雑貨が不振との回答がみられた。キーテナントは、生鮮食品が好調、婦人衣料が不振との回答がみられた。

トピックス

正月休みが短かったこともあり、三が日にお客様が集中し初売りは概ね好調に推移した。そのため、初売りに合わせて開始したセールも好調な出足となったが、その後、セールの好調が持続せず、月の中旬以降は苦戦したとの回答がみられた。その他、一部地域では、セール終了後に春物の商品を増やしたタイミングで気温が下がり、売上に影響したとの回答がみられた。

SC販売統計調査報告 2017年01月

既存SC前年同月比  : ▲1.2%
年始のセールの勢いが続かず、中旬以降苦戦

全表はこちら

全体概況

  • 1月の既存SC売上高は前年同月比で▲1.2%と前月(▲0.1%)から1.1ポイント後退し、2ヶ月連続で前年を下回った。テナントは同▲1.0%で前月(0.5%)から1.5ポイント減、キーテナントは同▲2.1%で前月(▲0.4%)から1.7ポイント減と前月から後退した。
  • 立地別(表1)の総合では、中心地域が同▲1.6%、周辺地域が同▲1.1%となった。特に中心/中都市のキーテナントでは百貨店などの不振もあり同▲5.6%と厳しい結果となった。
  • 地域別(表2)では、北海道(前年同月比0.3%)、東北(同0.5%)、九州・沖縄(同2.4%)の3地域が前年を上回ったが、残りの6地域で前年比マイナスとなった。四国(▲4.3%)はGMSを核とするSCなどの苦戦もみられた。
  • 都市規模別(表3)では、政令指定都市で▲0.7%、その他の地域で▲1.6%となった。政令指定都市はプラスの都市が6都市、マイナスの都市が7都市と分かれたが、その他の地域では北海道と九州・沖縄を除く7地域でマイナスとなり多くの地域で苦戦がみられた。
  • 業種毎の好調・不振をみると、テナントは飲食・サービスが好調との回答がみられた一方で、婦人衣料を中心とした衣料品や衣料関連の雑貨が不振との回答がみられた。キーテナントは、生鮮食品が好調、婦人衣料が不振との回答がみられた。

トピックス

正月休みが短かったこともあり、三が日にお客様が集中し初売りは概ね好調に推移した。そのため、初売りに合わせて開始したセールも好調な出足となったが、その後、セールの好調が持続せず、月の中旬以降は苦戦したとの回答がみられた。その他、一部地域では、セール終了後に春物の商品を増やしたタイミングで気温が下がり、売上に影響したとの回答がみられた。

SC販売統計調査報告 2016年年間

既存SC前年対比             : ▲1.1%
SC年間総売上高(推計) :31兆3,259億円(前年対比+0.8% 全SCベース)

SC年間総売上高(全SCベース・推計)の確報値は、下記リンク先の2017年4月21日発表の「SC販売統計調査報告2017年03月」をご覧ください。

既存SCの前年比(表1~表6、参考(旧立地区分)は表1~表3)は下記リンク先の全表をご覧ください。
なお、下記リンク先の全表に記載のSC年間総売上高(全SCベース・推計)は速報値となっており、確報値(31兆3,259億円)と異なっておりますのでご注意ください。

全体概況

2016年(暦年)の既存SC売上高対前年比は▲1.1%と2013年以来3年ぶりに下回った。SC年間総売上高(全SC 3,211ベース・推計)は、31兆3,259億円で前年比+0.8%となった。テナント総合は▲0.9%、キーテナント総合は▲1.4%となった。

2016年は、1月と2月が前年比プラスではじまったものの、婦人衣料をはじめとする衣料品が苦戦したこともあり、3月以降は、休日が2日多かった7月を除いて、9月まで前年比マイナスで推移した。10月以降は、一部SCで婦人衣料が上向いたことや、シネマや、年末セールの好調もあり、ほぼ前年並みで推移した。四半期別では第4四半期(10月~12月)を除いて前年を下回った。

地域別でみると、九州・沖縄(+0.5%)が前年比プラスだったものの、残りの8地域は前年を下回った。

都市規模別でみると、政令指定都市が▲0.4%、その他の地域が▲1.5%と共にマイナスとなった。

2016年は9月まで婦人衣料の不振をあげるSCが多くみられたが、10月11月と一部SCで改善がみられた。飲食やサービスの好調をあげるSCは年間を通じて多くみられ、9月10月はシネマの好調が飲食へプラスに作用した。その他、中心・中都市のキーテナントは一年を通じて苦戦した。