Monthly Archives: 9月 2015

SC販売統計調査報告 2015年08月

既存SC前年同月比   : +1.6%

全表はこちら

全体概況

8月のSC販売額は前月に引き続きプラス(7月は+1.8%)となった。
月の上旬は猛暑日が続き夏物商材が順調に推移したが、月後半は台風や長雨で急激に気温が低下したことで、一部秋物需要の動きがあったものの前半ほどの勢いはなく、月全体で+1.6%となった。
地域別では、中国地方がマイナス(-0.9%)となった以外はプラスとなった。とくに、北海道(+4.2%)、九州・沖縄(+3.1%)、北陸(+2.9%)の3地域は高い伸びを示した。
これは、訪日外国人の増加や夏休み国内旅行需要の増加に起因するもので、依然として北陸新幹線効果が続く金沢、富山の駅前は高い伸び(+26.8%)となった。
インバウンドや国内旅行需要以外の好調要因としては、夏休み期間中のイベント効果や地域プレミアム商品券、リニューアルによる新店の導入など消費意欲を喚起する要因があげられる。
テナント、キーテナント別販売動向では、テナントが+2.0%、キーテナントが+0.8%と、テナント伸長率が高くなっている。
テナントの好調業種は、物販以外の飲食、サービスとの回答が多かったが、物販では雑貨や化粧品となっている。
一方、不調業種では婦人衣料という声が多く聞かれた。婦人衣料については、キーテナントでも同様の回答が多くみられた。

トピックス

8月は夏休みやお盆休みで国内旅行・帰省など、多くの人々が車や電車などで移動する時期で、観光地ではインバウンドや国内旅行客によるお土産物など、ショッピングや飲食の場としてSCが利用されている。
今回の調査でも食物販や飲食が好調で売上げに貢献しているという回答が多くみられた。
また、お盆で帰省した際には、家族で近くのSCを訪れ、一日ショッピングやシネコン、そして食事を楽しむという光景が見られ、飲食やシネコンを好調業種にあげるSCが多くみられた。

SC販売統計調査報告2015年8月

既存SC前年比: +1.6%
夏休み、多機能型SCを中心に家族・友達でショッピングのみならず、飲食・サービス(シネコン、アミューズメント等)を利用

プレスリリース

全表はこちら

全体概況

8月のSC販売額は前月に引き続きプラス(7月は+1.8%)となった。月の上旬は猛暑日が続き夏物商材が順調に
推移したが、月後半は台風や長雨で急激に気温が低下したことで、一部秋物需要の動きがあったものの前半ほどの
勢いはなく、月全体で+1.6%となった。
地域別では、中国地方がマイナス(-0.9%)となった以外はプラスとなった。とくに、北海道(+4.2%)、九州・沖縄
(+3.1%)、北陸(+2.9%)の3地域は高い伸びを示した。これは、訪日外国人の増加や夏休み国内旅行需要の増
加に起因するもので、依然として北陸新幹線効果が続く金沢、富山の駅前は高い伸び(+26.8%)となった。インバ
ウンドや国内旅行需要以外の好調要因としては、夏休み期間中のイベント効果や地域プレミアム商品券、リニューア
ルによる新店の導入など消費意欲を喚起する要因があげられる。
テナント、キーテナント別販売動向では、テナントが+2.0%、キーテナントが+0.8%と、テナント伸長率が高くなっ
ている。テナントの好調業種は、物販以外の飲食、サービスとの回答が多かったが、物販では雑貨や化粧品となって
いる。一方、不調業種では婦人衣料という声が多く聞かれた。婦人衣料については、キーテナントでも同様の回答が
多くみられた。

トピックス

8月は夏休みやお盆休みで国内旅行・帰省など、多くの人々が車や電車などで移動する時期で、観光地ではイン
バウンドや国内旅行客によるお土産物など、ショッピングや飲食の場としてSCが利用されている。今回の調査でも食
物販や飲食が好調で売上げに貢献しているという回答が多くみられた。また、お盆で帰省した際には、家族で近くの
SCを訪れ、一日ショッピングやシネコン、そして食事を楽しむという光景が見られ、飲食やシネコンを好調業種にあ
げるSCが多くみられた。

第132回SC海外視察研修ツアー/アメリカ東海岸(マイアミ・ニューヨーク)/2015年11月11日~17日(7日間)

このツアーは終了しました。

視察地
アメリカ東海岸(ニューヨーク&マイアミ)
期 間
2015年11月11日(水)~11月17日(火) 7日間
旅行代金
お一人様(1室1名様利用):
SC協会会員の方/455,000円
一般参加の方/637,000円
※燃油サーチャージ・航空保険料(目安:21,000円)、成田空港施設使用料(2,610円)、現地空港税・航空保安税(概算:8,510円)が別途必要となります。(いずれも2015年6月22日現在)

※ツイン1室2名ご希望の場合は、お一人様430,000円となります。(会員のみ。一般の方の設定はございません。)

ツアーテーマ
世界の情報発信地と南米へのビジネス拠点で、“SC先進国の今”を知る
ツアーのポイント
世界の情報発信地であり、世界の商業・文化・ファッション・エンターテインメントなどに多大な影響を及ぼしている「ニューヨーク」、また、世界に知られる 観光都市でありながらも全米4位の都市圏人口を擁し、南米への金融、貿易拠点として発展を続けているマイアミ。第132回目の視察研修ツアーでは、この2 都市を研究します。ニューヨークでは現在ワールドトレードセンター跡地の再建が着々と進んでおり、 2014年11月にワン・ワールドトレードセンター(高さ541m)が開業。その地下スペースに 2015年秋開業予定のウエストフィールド・ワールドトレードセンターなど、豊富な最新事例を視察します。 マイアミでは群を抜く坪効率の高さで知られるバルハーバーSCはもとより、疲弊した地域の再活性化策としてラグジュアリーブランドを次々と誘致し注目を浴 びているマイアミ・デザインディストリクトなど、注目SCが多数。 最新SCをはじめ、大規模な複合開発SC、再活性化に向けリニューアルを実施したSCなど、多様なSCを視察いただけます。視察先SCのマネージャーとの ミーティングも予定しており、是非この機会に“SC先進国の今”を体感していただきたいと考えております。
主な視察先
 ※視察先は変更になる場合があります。
≪ニューヨーク≫
ウェストフィールド・ワールドトレードセンター、ブルックフィールドプレイス、ウェストフィールド・ガーデンステートプラザ、バーゲンタウンセンター、タイムワーナーセンター、ソーホー地区、ミートパッキング地区及びチェルシーマーケット
≪マイアミ≫
ビレッジ・オブ・メリックパーク、ザ・ショップス・アット・ミッドタウンマイアミ、マイアミ・デザインディストリクト、アベンチュラモール、ザ・ビレッジ・アット・ガルフストリームパーク、バルハーバーショップス
コーディネーター
ジェイ 広山 氏
Office J.K.Int’l Inc 代表
[略歴]
卸売会社の営業及び企画開発部門に勤務後、渡米。米国ニューヨーク在住。
米国および日本の流通業界に関する幅広い知識と、全米のショッピングセンター開発(都市開発含む)の豊富な現地調査の経験を有しており、日米両国にてコンサルティング業務、市場動向調査、講演会を手がけている。 また、日本ショッピングセンター協会発行の、SC業界唯一の情報誌『SCJAPAN TODAY』や『SC白書』において、毎年、米国のSC業界概況についても寄稿している。ほかに、当協会を含め、米国流通視察のコーディネーターを数多く務めている。
募集人員
35名(最少催行人員:20名)
申込締切日
2015年9月16日(水) ※但し満員になり次第締切ります。
申込方法
参加申込書に必須事項をご記入の上、郵送またはFAXでご送付ください。
参加申込書を受け取りしだい、旅行申込金(90,000円)またはご一括の請求書を発送いたします。
添乗員
全行程1名同行いたします。
利用航空会社
全日空、ユナイテッド航空
利用予定ホテル
ニューヨーク/ウェリントンホテル
マイアミ/マイアミ ビーチ リゾート&スパ

詳細はパンフレットをご覧下さい。

パンフレット、申込書

第131回SC海外視察研修ツアー/ヨーロッパ(イタリア・オランダ・ベルギー)/2015年9月28日~10月5日(8日間)

このツアーは終了しました。

視察地
ヨーロッパ(イタリア&オランダ&ベルギー)
期 間
2015年9月28日(月)~10月5日(月) 8日間
旅行代金
お一人様(1室1名様利用):
SC協会会員の方/587,000円
一般参加の方/767,000円
※燃油特別付加運賃(目安:30,600円)、成田空港施設使用料(2,090円)、旅客保安サービス(520円)、海外空港諸税(概算:10,750円)が別途必要となります。(いずれも2015年4月22日現在)

※ツイン1室2名ご希望の場合は、お一人様560,000円となります。(会員のみ。一般の方の設定はございません。)

ツアーテーマ
文化・芸術都市における商業施設開発を視る
ツアーのポイント
中世の面影を残す歴史的情緒に、現代都市の活気が組み合わさった魅力的な都市が多いヨーロッパ。歴史性の継承とともに、歩行者の視点や建物と公共空間の一体感を大事にした都市設計のもと豊かな空間が息づいています。
中でも今回、旧市街を保全しつつ新しい開発の進む「ファッションの街」イタリア・ミラノと、中世に世界貿易の中心として栄え今なお残る運河に囲まれた街並みが美しい「国際観光都市」オランダの首都アムステルダム、欧州連合の主要機関が置かれるなど「欧州有数のグローバル都市」ベルギーの首都ブリュッセルを訪れます。
各地での見所は、ミラノでは万博と市街地再開発の推進事例・ガリバルディ駅近接の「ポルト・ヌォーバ計画」。オランダはロッテルダムで、世界最初の歩行者天国とも称されるラインバーン・プロムナードの延長計画「バースプライン」。ベルギーでは、ICSC表彰の「スタットフィツァール」と「エスプラネード」を視察します。
第131回目となる本研修では、歴史性や文化性を組み込んだ施設開発や、全く新しい発想で開発されたSCを研究します。
主な視察先
 ※視察先は変更になる場合があります。
≪イタリア≫
ガレリア周辺地区、ガリバルディ駅周辺地区、ミラノ国際博覧会
≪オランダ≫
シティセンター・アルメール、マグナプラザ、バースプライン、マーケットホール
≪ベルギー≫
スタットフィツアール、エスプラネード、グランプラス周辺地区
コーディネーター
小嶋 彰 氏
(株)フロンティアリテール研究所 代表取締役
(株)船場 顧問
[略歴]
1975年(株)船場入社。1985年MBA取得。台湾船場、船場シンガポール、タイ船場、船場アメリカの各現地法人を設立、初代社長に就任。その後、船場SC綜合開発研究所所長、綜合開発本部本部長を歴任し、同社取締役・企画開発担当。2010年4月より同社顧問就任、(株)フロンティアリテール研究所設立・代表取締役社長就任。年間平均6、7回、海外商業施設の視察研修コーディネーターとして業界の人々の指導にあたる。また、各企業、業界団体において、ショッピングセンター開発運営に関わる研究指導、講演および記事執筆を行う。
募集人員
30名(最少催行人員:20名)
申込締切日
2015年8月12日(水) ※但し満員になり次第締切ります。
申込方法
参加申込書に必須事項をご記入の上、郵送またはFAXでご送付ください。
参加申込書を受け取りしだい、旅行申込金(100,000円)またはご一括の請求書を発送いたします。
添乗員
全行程1名同行いたします。
利用航空会社
KLMオランダ航空
利用予定ホテル
ミラノ/アタホテル エグゼクティブ
アムステルダム/ルネッサンス アムステルダム ホテル
ブリュッセル/シェラトン ブリュッセル ホテル

詳細はパンフレットをご覧下さい。

パンフレット、申込書