Monthly Archives: 1月 2017

2017年度 研修講師派遣のご案内

派遣日 2017年4月~の講師派遣・お客様役派遣のお申込み受付を開始します。

<お申込み受付開始>

2月1日(水)16時~
※お客様役派遣について派遣可能な役者をお知らせするのは、派遣日の1ヶ月前(目安)となりますので予めご了承ください。

お問い合わせ・お申込みについては下記の「お問い合わせフォーム」からお願いします。
お申込みお待ちしております。

お問い合わせフォーム

第41回日本ショッピングセンター全国大会(1月25日~27日) 開催結果

日本ショッピングセンター協会では、1月25日(水)から27日(金)の3日間、
パシフィコ横浜にてショッピングセンター(SC)業界最大のイベント、

 第41回日本ショッピングセンター全国大会
(SCビジネスフェア2017、第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会)

を開催しました。

「SCビジネスフェア2017」の入場者数は、パシフィコ横浜の展示ホールで開催した
SCビジネスフェア(商談展示会)で延べ54,000人(前回延べ61,000人)となり、
そのうち併設の学生向けSC業界研究イベント(2日間)の学生参加者数は500人
(前回1日間476人)でした。
同会場のアネックスホールで開催したセミナー・シンポジウムは2日間で延べ1,800人
(前回、3日間延べ2,000人)でした。また、会議センターで開催した
第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会の見学者数は延べ2,100人
(前回延べ2,000人)と、合計で57,900人の参加を得て終了しました。

報道関係の皆様方には当日取材をしていただき、誠にありがとうございました。

次回の第42回日本ショッピングセンター全国大会は、2018年1月24日(水)~26日(金)
にパシフィコ横浜にて開催の予定です。

プレスリリースはこちら

 

SC販売統計調査報告 2016年12月

既存SC前年同月比  : ▲0.1%
冬物衣料が苦戦するも飲食が健闘

全表はこちら(新立地区分)

(参考)全表はこちら(旧立地区分)

全体概況

  • 12月のSC販売額は天候不順や暖冬の影響もあったが、飲食やサービスが好調で前年同月比微減の▲0.1%となった。
    10月以降、改善の傾向がみられていた婦人衣料は、暖冬の影響で、重衣料、ブーツなどの冬物のアイテムが不振で年末商戦を補うことができなかった。テナントは+0.6%と前年を上回ったが、GMSをはじめとするキーテナントの販売が不振で▲2.5%となった。
  • 立地別(表1)では、中心地域は全体で+0.5%と前年を上回ったが、大都市が+1.2%、中都市で▲0.8%と都市規模で格差がみられた。周辺地域ではテナントが+0.6%と前年を上回ったものの、キーテナントが▲3.0%となり全体で▲0.4%となった。
  • 地域別(表2)では、東北(+3.3%)、近畿(+0.3%)、九州・沖縄(+3.7%)の3地域が前年を上回ったが、それ以外の6地域で前年を下回った。特に記録的な大雪の影響を受けた北海道は▲1.8%となった。
  • 都市規模別・地域別(表3)では東京区部や政令指定都市などの大都市(+0.7%)とそれ以外の都市(▲0.7%)とで差がみられた。
  • 全体の不振要因としては、前述したように天候不順や暖冬の影響が挙げられるが、特に暖冬による婦人・紳士アパレルの売上不振をあげるSCが多くみられた。

トピックス

12月度は、婦人衣料が苦戦したにも関わらず前年同月比▲0.1%であった。
また、今年のクリスマスは3連休と重なったため、駅ビルでは通勤帰りの会社員の来客が少なく昨年比で大幅にマイナスとなったとの声もきかれたが、全体としては好調な業種として飲食をあげたSCが比較的多くみられ、衣料品の販売が厳しい中でも健闘がみられた。

SC販売統計調査報告 2016年12月

既存SC前年同月比  : ▲0.1%
冬物衣料が苦戦するも飲食が健闘

全表はこちら(新立地区分)

(参考)全表はこちら(旧立地区分)

プレスリリースはこちら

全体概況

  • 12月のSC販売額は天候不順や暖冬の影響もあったが、飲食やサービスが好調で前年同月比微減の▲0.1%となった。
    10月以降、改善の傾向がみられていた婦人衣料は、暖冬の影響で、重衣料、ブーツなどの冬物のアイテムが不振で年末商戦を補うことができなかった。テナントは+0.6%と前年を上回ったが、GMSをはじめとするキーテナントの販売が不振で▲2.5%となった。
  • 立地別(表1)では、中心地域は全体で+0.5%と前年を上回ったが、大都市が+1.2%、中都市で▲0.8%と都市規模で格差がみられた。周辺地域ではテナントが+0.6%と前年を上回ったものの、キーテナントが▲3.0%となり全体で▲0.4%となった。
  • 地域別(表2)では、東北(+3.3%)、近畿(+0.3%)、九州・沖縄(+3.7%)の3地域が前年を上回ったが、それ以外の6地域で前年を下回った。特に記録的な大雪の影響を受けた北海道は▲1.8%となった。
  • 都市規模別・地域別(表3)では東京区部や政令指定都市などの大都市(+0.7%)とそれ以外の都市(▲0.7%)とで差がみられた。
  • 全体の不振要因としては、前述したように天候不順や暖冬の影響が挙げられるが、特に暖冬による婦人・紳士アパレルの売上不振をあげるSCが多くみられた。

トピックス

12月度は、婦人衣料が苦戦したにも関わらず前年同月比▲0.1%であった。
また、今年のクリスマスは3連休と重なったため、駅ビルでは通勤帰りの会社員の来客が少なく昨年比で大幅にマイナスとなったとの声もきかれたが、全体としては好調な業種として飲食をあげたSCが比較的多くみられ、衣料品の販売が厳しい中でも健闘がみられた。

「第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会」にて過去受賞者によるトークセッションを開催!

2017年1月27日(金)開催「第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会」にて過去受賞者によるトークセッションを開催いたします。

 

トークセッション

『ロールプレイングの価値と意味を考えよう!!
~全国大会出場者の実体験から導き出されるいくつかの理由~』

【時 間】

16:50~17:10 (審議時間中に開催)

【登壇者】(敬称略)

speaker1坂本 りゅういち
kocori(ここり)代表
販売員としてアパレル・時計・靴を販売。第16回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会優秀賞、日本橋三越接客ロールプレイングコンテスト優勝。リラクゼーション業界にも携わり、売上日本一獲得など数々の実績をもとに販売員育成を行っている。

 

 

speaker2竹原 篤史
(株)ゴールドウイン
(株)ゴールドウインに入社後、ザ・ノース・フェイス三井アウトレットパークジャズドリーム長島店を経て、人事部リテイルサポートグループに異動、販売スタッフトレーニングを担当。第21回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会大賞。

 

第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会の詳細はこちら

「第41回日本ショッピングセンター全国大会」開催案内

2017年1月25日(水)~27日(金)の3日間、パシフィコ横浜にてショッピングセンター(SC)業界最大のイベント、

第41回日本ショッピングセンター全国大会
(SCビジネスフェア2017、第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会)

を開催します。

1月25日(水)は、9:50から展示ホールにて「SCビジネスフェア2017」のオープニングテープカットを実施いたします。また17:00からは、当大会にあわせてアネックスホールにて「第25期SC経営士認定証授与式」を執り行います。

※本大会3日間を通して各会場に報道受付を設けております。みなさまのご参加をお待ちしております。

プレスリリース

「SCビジネスフェア2017」について

「第22回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会」について

SCPR_28_30

(写真は第40回日本ショッピングセンター全国大会)