セミナー

SCディベロッパーによる
ショップへの営業サポート力強化セミナー
~ロープレコンテスト全国大会出場SCからショップサポート方法を学ぶ~

期日
2009年2月13日(金)
会場
SC協会 会議室 (東京都中央区勝どき3-12-1フォアフロントタワー13階)
TEL:03-3536-8121
アクセス
都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅(A4出口)から徒歩5分

参加のおすすめ

SCにおいて実際に店舗を構え、売場をつくり、お客様と接するのはショップスタッフで、もちろん日々の売上を上げるのもショップスタッフです。であれば、SCディベロッパーとして特に店長、本部スタッフとのかかわり方は非常に重要な課題といえます。

店舗の状況を冷静な目線で判断し、時には励まし、時には厳しく指導するなど、コミュニケーションを密にしていくことで店長のモチベーションが上がり、結果として売上UPにつながる、そんな仕組みがSCには求められるのではないでしょうか。

本セミナーではこれらのことを踏まえ、ショップへの営業サポートやアドバイス・教育方法について、先進のSCディベロッパー企業の事例を参考に学んでいただきたく、企画いたしました。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

今回の事例は「第14回SC接客ロールプレイングコンテスト」において支部大会を勝ち抜き、全国大会(1/22)に出場された2つのSC(エスパル仙台店・新丸の内ビルディング)ご担当者からご講演いただきます。
新丸の内ビルディングは大賞(SC接客日本一)を受賞されました。

第14回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会の結果はこちら

プログラム

(敬称略)

2月13日(金) 12:30より受付

第1単元 (13:00~14:15)

『SCディベロッパーのショップ営業サポート・教育法』
 ~エスパル仙台店の取組み事例~
  • 自SCのショップ営業サポート・教育に対する考え方
  • 具体的に行っている営業サポートや教育のいい点と改善したい点
  • ショップ営業サポートを行う担当者の意識及び行動レベルの高め方
  • 課題ショップに対する営業サポートの具体的な対応内容
  • 問題ショップの本社・本部への対応

講師:仙台ターミナルビル(株) SC事業本部 エスパル仙台店 営業部係長  村上 明美

[SC概要]

仙台エスパル店
所在地:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1
オープン日:1978年3月18日
延床面積:43,388m2、店舗面積:17,822m2
テナント数:218店舗(2004年9月現在)
URL:http://www.s-pal.stbl.co.jp
※同SCは外部コンサルタントを活用するなどし店長研修や店舗診断を独自で行い、テナント教育に力を入れている。またSC接客ロールプレイングコンテスト東北支部大会において多くのショップスタッフが支部代表者に選出されている。

第2単元 (14:25~15:40)

『SCディベロッパーのショップ営業サポート・教育法』
 ~“三菱地所ビルマネジメント” “丸の内商店会”の取組み事例~
  • 自SCのショップ営業サポート・教育に対する考え方
  • 具体的に行っている営業サポートや教育のいい点と改善したい点
  • ショップ営業サポートを行う担当者の意識及び行動レベルの高め方
  • 課題ショップに対する営業サポートの具体的な対応内容
  • 問題ショップの本社・本部への対応

講師:三菱地所ビルマネジメント(株) SC事業部長  矢田 明

[SC概要]

丸の内ビルディング
所在地:東京都千代田区丸の内2-4-1
オープン日:2002年9月6日
延床面積:160,000m2、店舗面積:18,000m2
テナント数:134店(物販81、飲食43、サービス10)
URL:http://www.marubiru.jp/index2.html
※同社は丸ビルの他、新丸ビル、TOKIA、OAZOなど複数のSCを運営する。日頃ショップスタッフへのサポートは各施設担当が行い、研修会や店舗診断、ロープレコンテストなどは丸の内周辺の複数SCで構成する“丸の内商店会”が主催し実施している。

第3単元 (15:50~16:30)

『今の時代のテナント指導のあり方』
  • 自SCのテナント指導・教育にどう取り組むか
  • 第1ステップ:ショップ別状態管理の仕方
  • 第2ステップ:ショップの課題の掌握とSC全体課題の掌握
  • 第3ステップ:ショップに要求すること、自分達が襟を正すこと
  • 第4ステップ:ショップ指導・教育の構成パターンと活用方法
(16:40~17:20)
『具体的な課題内容に対する対処方法』
  • 店長との普段の関係作りは何をポイントにすべきか
    • SC内における店長の役割の設定のさせ仕方
    • 店長育成に関してのスタンスの取り方
  • 課題発生店の店長と本社・本部との関係をどのように作り上げるのか
    • 店舗診断で課題となった店長とのかかわり方
    • 店舗診断で課題となった店舗本部への対処方法
    • 課題ショップ本部をマネジメントする方法

講師:アイエスジャパン(有)  代表取締役  菅野 寿亮

[講師略歴]

明治学院大学卒業後、大手婦人服専門店入社。バイヤー・店長・スーパーバイザー・店舗開発担当・ブランドマネージャー等を20年以上に渡って経験し、1998年独立。現在に至るまで文化服装学院の非常勤講師。ディベロッパー社員の教育やテナント企業の本部の商品人材育成から営業責任者の育成、そして現場の店長の実践教育までを集中的に実施中。ディベロッパー以外でコンサルテーションを行なっているのは、携帯会社やおもちゃの会社に化粧品会社と、109ブランドからセレクトショップまでのリテイルを営む企業を対象に行なっている。

※やむを得ない事由により、講師・時間割・講演内容等を変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

開催要領

1.開催期日

2009年2月13日(金)

2.会場

SC協会 会議室 (東京都中央区勝どき3-12-1 フォアフロントタワー13階)
TEL. 03-3536-8121

3.参加料

SC協会会員
26,250円(本体価格25,000円、税額1,250円)
会員外
36,750円(本体価格35,000円、税額1,750円)

※開催間際のキャンセルは下記の割合で料金を頂きますので、あらかじめご了承ください。

2/10~11
正規受講料の30%
2/12~
正規受講料の50%

4.申込方法

このページの一番下にある「セミナー申込み」をクリックし、申込みフォームの所定欄に必要事項をご記入の上ご送信ください。

5.申込締切日

2009年2月9日(月)

6.受講料納入方法

下記指定銀行宛、2月10日(火)までに振込手数料を貴社ご負担の上、お振り込みください。
(会員企業の方々は貴社の経理お支払いサイクルに合わせていただいて結構です)

普通預金口座
三菱東京UFJ銀行 築地支店 No.0892892
みずほ銀行 虎ノ門支店 No.2140207
三井住友銀行 東京中央支店 No.1076052

7.お問合せと申込先

(社)日本ショッピングセンター協会
〒104-0054 東京都中央区勝どき3-12-1 フォアフロントタワー13階
TEL.03-3536-8121
FAX.03-3536-8120
教育研修部/村松 俊輔

8.その他

  • 申込書到着後、請求書と受講証をお送りいたします。申込書送付後、しばらくしても受講証が届かない場合は、ご連絡下さい。
    また、万が一お振り込み後に請求書が届いた場合はご容赦ください。
  • 銀行が発行する振込受取証をもって当協会の領収書にかえさせていただきますので、ご了承下さい。
  • 当協会に会員登録をされていない企業は、登録企業の系列会社であっても会員扱いとはなりませんので、ご了承下さい。
  • テナント企業の方は参加できません。ご了承ください。
  • NECネクサソリューションズ
  • 広告募集
  • 広告募集
ページのトップへ