販売統計

SC販売統計調査報告 2009年09月

9月既存SC前年比   : -4.7%
SC総売上高 (推計) 2 兆1,117億円(前年比 -2.1% 全SCベース)

売上高の概況

概況
9月の既存SCの前年同月比売上高は、-4.7%と13ヶ月連続でマイナスとなったが、減少幅は8月に比べて大幅に縮小した。
依然として来店客数や客単価の下落、買上件数の減少、特にキーテナントの食料品にかげりが見えるなど、先行きは不透明である。さらに一部の地域では、競合激化で大幅な売上減の報告がされている。昨秋のリーマンショック以降、足元景気は不透明である。
ただしシルバーウイーク期間が好天に恵まれ客足が順調であったことや、祝日が前年より1日増、サービスが比較的好調であったこと、一部のSCではポイント倍増、10%割引など積極的な販促策が奏功し、マイナス幅を縮小をしている。
立地別・地域別でみると、郊外地域が-5.7%で、中心地域(-4.2%)、周辺地域(-3.6%)に比べてマイナス幅が大きい。特に東北地方が-10.1%と落ち込みが目立つ。理由としてキーテナントの不振が挙げられる。
政令指定都市別で見ると、千葉市(10.7%)、川崎市(5.9%)がプラスに転じた。これはリニューアル効果による売上増である。ついで仙台市(-0.1%)、札幌市(-1.7%)のマイナス幅が縮小した。ただし政令指定都市以外の地域では、北海道(-11.7%)、東北(-8.0%)とマイナス幅が大きく、要因として秋物衣料の不振や、飲食店の客単価下落が挙げられる。


*本調査は、2008年12月末現在の全SC2,877SCの中から立地別・SC規模別に1,000SCをサンプル抽出し調査したものをまとめた。
*集計SC 545 SC 回収率54.5 %
*2009年5月21日の定期総会において、SC全数調査の結果を報告し、SC取扱い基準を見直した上で2008年末のSC総数を2,980と発表したが、9月のSC総売上高(推計)は、旧基準に基づき、2009年8月末現在の全SC2,903SCをベースに算出した。

SC・百貨店・チェーンストア 売上高前年対比
立地別・構成別 売上高伸長率
立地別・地域別 売上高伸長率

の各表はこちら

  • 都市規模別・地域別 売上高伸長率
  • キーテナント業態別 売上高伸長率
  • 立地別・地域別 総売上高
  • 立地別SC・キーテナント・テナント効率
  • 既存SC移動平均(年間)

の各表は会員ページでご覧になれます。


  • NECネクサソリューションズ
  • 広告募集
  • 広告募集
ページのトップへ