販売統計

SC販売統計調査報告 2008年04月

4月既存SC前年比   :-2.5%
SC総売上高 (推計) 2兆2,196億円 (前年比 1.0 % 全SCベース)

売上高の概況

売上高
4月の既存SCの前年同月比売上高は-2.5%と4ヶ月ぶりにマイナスとなった。相次ぐ食料品等の値上げや寒暖の差が激しく春物衣料の動きが鈍かったこと、さらには昨年よりも休日が1日少ないことなどがマイナス要因として挙げられる。
また、ガソリン税暫定税率の期限切れによるガソリン価格の下落で消費者の購買意欲の上昇が期待されたが、景気の先行き不安要因などによって、盛り上がりに欠ける結果となった。
立地別
郊外地域の下幅が最も低く-1.6%、キーテナントは-0.6%とほぼ前年並であった。ガゾリン価格の一時的な下落や、G・Wにより比較的郊外へ足を伸ばしていることが窺える。一方中心地域の小都市は-4.8%、特にキーテナントは-5.3%と落ち込みが目立つ。
地域別
全ての地域でマイナス、特に近畿地域(-5.1%)、北海道(-5.0%)の不振が目立つ。一方、中部地域は0.0%と健闘している。北陸地方は中心地域が-9.1%であるが、周辺地域は7.3%と好調であり、同地域内において好不調の格差が著しい。
都市規模別・地域別
政令指定都市では大阪市が-8.6%、その他地域では北海道が-9.3%で厳しい結果となった。特にテナントは大阪市が-9.1%、北海道は-13.7%であり、同地域の不振を象徴している。
SC構成別
テナントが-3.0%であり、2007年7月に次ぐ低水準となった。飲食は比較的好調との報告が見られたものの、衣料品の不調が響いた。


*本調査は、2007年12月末現在の全SC2,804SCの中から立地別・SC規模別に1,000SCをサンプル抽出し調査したものをまとめた。ちなみに2007年末のSC数は、2008年3月末時点で閉鎖が判明した44SCを差し引いている。
*集計SC 576 SC 回収率57.6 %
*4月のSC総売上高(推計)は、2008年3月末現在の全SC2,817SCをベースに算出した。

SC・百貨店・チェーンストア 売上高前年対比
立地別・構成別 売上高伸長率
立地別・地域別 売上高伸長率

の各表はこちら


  • NECネクサソリューションズ
  • 広告募集
  • 広告募集
ページのトップへ