セミナー

2023/11/22 更新 【アーカイブ配信】《マーケティングセミナー 上級編》リアルの体験価値を最大化するSCマーケット調査とは

【アーカイブ配信】《マーケティングセミナー 上級編》

リアルの体験価値を最大化するSCマーケット調査とは

SCビジネスの投資対効果を最大化する“解”は
「マス・マーケティング」と「パーソナリゼーション」の間にある!

公開期日:
2023年 11月1日(水)~2024年8月31日(土)
※本セミナーは、2023年9月14日に開催の講義を収録したWEB配信です。

受講料:
会  員(1名)22,550円(税込み)
※レジュメ・資料代を含みます。

【参加のおすすめ】

SCマーケティングが直面する大きな課題は、消費者価値観の変化によりニーズが細分化・多様化し、従来のマス・マーケティングでは対応が困難になっていることです。本セミナーでは、消費者ニーズを聞き出し詳細に把握する方法、そしてこの不確実性が高い時代において、その先を読むためのSCディベロッパーの仮説力向上のためのSCマーケット調査手法を学びます。

【講義サマリー】

ICTの発展により、情報の非対称性が崩壊しました。その結果、消費者の価値観やニーズが細分化・多様化し、マスマーケティングは終焉を迎えました。しかし、多くのSCディベロッパーは、消費者の細分化・多様化するニーズを理解する方法を知らず、従来のマスマーケティングから抜け出せていません。
実際には、新規開発や大規模リニューアルの企画書には、根拠のない言葉が頻繁に使われます。「上質な」「洗練された」「これまでにない」「モノからコトへ」といった表現です。これは、消費者ニーズをテナントを通じて把握するという従来のSC業界の教えによるものです。
現代の細分化・多様化する消費者ニーズを詳細に把握するには、どのような方法があるのでしょうか。また、SCのマーケット調査はどのように行われるべきでしょうか。今回は、その手法について学びます。前半単元では、従来のマーケット調査手法が通用しなくなった理由として、外部環境の変化について学び、後半単元では、現代に求められる新たなマーケット調査手法について、具体的な事例を交えて学びます。

第1単元(約90分間)

「従来のマーケット調査手法が通用しなくなった理由」
・SCビジネスの本質的メカニズム
・SCを取り巻く外部環境の変化
・SCマーケティングが直面する課題
——————————————–

第2単元(約90分間)

「現代に求められる新たなマーケット調査手法」
・LTVの重要性
・LTV最大化に資するダイレクトマーケット調査
・SC運営における事例紹介
・新規SC開発における事例紹

※LTV:顧客生涯価値の略称(Life Time Value)
————————————–

<講師>JR西日本SC開発株式会社
カンパニー統括本部 開発戦略部 部長兼
コンサルティング部 担当部長 舟本 恵 氏

※講師のプロフィール他 詳細は、セミナー紹介ページを参照ください。

  • @commerce よりスピーディーな出店判断を プロパティデータバンク
  • NECネクサソリューションズ
  • 広告募集
  • 広告募集
ページのトップへ