販売統計

SC販売統計調査報告 2008年09月

9月既存SC前年比   : -1.9%
SC総売上高 (推計) 2兆1,579億円(前年比 4.9% 全SCベース)

売上高の概況

売上高
9月の既存SCの前年同月比売上高は、例年に比べ秋物商品の動き出しが早かったことやイベント・リニューアル効果などのプラス要素も一部で見られたが、結果としては-1.9%と3ヶ月ぶりにマイナスとなった。米国大手金融機関の破綻による世界的な株安の影響などで高額商品の売行きが鈍化したことに加え、食料品価格の高騰などに見られるような物価指数の上昇が続いていることから買い控え傾向にあり、依然としてSC売上は回復基調には至っていない。また、飲食店舗については原材料が値上げ傾向にあることから、価格の上昇につながっており、加えてガソリン高の影響による客数の減少もあり、やや低調であった。前年より土・日が1日ずつ減少したことなどのマイナス要因も重なり、全9地域でマイナスとなった。
立地別
小都市の中心地域が-5.2%(キーテナント:-10.0%)と低調であった。百貨店、GMSを核とするSCの不調が目立った。ともに売上額が大きいことから、SC全体を左右するかたちとなった。
地域別
全9地域でマイナスとなった。中国地方が-5.8%と低調であるが、中でも郊外地域が-8.0%と大幅なマイナスであることから、ガソリン高による車客の減少が窺える。
都市規模別・地域別
政令指定都市で見ると、東京区部が-3.1%と最も大幅な落ち込みを示した。特にキーテナントが-11.6%で大型家電、百貨店などが低調であった。
SC構成別
テナント、キーテナントともにマイナスであった。キーテナントは2005年2月以来の大幅なマイナスとなった。 (2005年2月キーテナント:-6.1%)


*本調査は、2007年12月末現在の全SC2,804SCの中から立地別・SC規模別に1,000SCをサンプル抽出し調査したものをまとめた。
*集計SC 580 SC 回収率58.0 %
*8月のSC総売上高(推計)は、2008年8月末現在の全SC2,844SCをベースに算出した。

SC・百貨店・チェーンストア 売上高前年対比
立地別・構成別 売上高伸長率
立地別・地域別 売上高伸長率

の各表はこちら

  • 都市規模別・地域別 売上高伸長率
  • キーテナント業態別 売上高伸長率
  • 立地別・地域別 総売上高
  • 立地別SC・キーテナント・テナント効率
  • 既存SC移動平均(年間)

の各表は会員ページでご覧になれます。